1. カードローンザウルスTOP
  2. カードローン融資関連
  3. ≫カードローン限度額【融資額・極度額】とは?利用限度額ってなに?

カードローン限度額【融資額・極度額】とは?利用限度額ってなに?

カードローン限度額と金利のイラスト

カードローンのホームページを見ると、業者によって融資額や限度額、極度額と名前は違っていますが、最高500万円や800万円という高額な金額が記載されています。

この金額は業者がカードローンにおいて融資する最高の金額という意味であり、カードローンに申し込んだ人全員が借り入れることのできる金額ということではありません。

実際に、カードローンに申込むと「利用限度額」というものが設定されますが、最初はカードローンにおける実績が無いため、50万円以下の少額に抑えられるのが一般的です。

なお、利用限度額というのは無条件に借入のできる金額のことです。例えば、現在10万円の借入残高の場合は、返済の有無に関わらず、残りの40万円をいつでも自由にATMから借り入れることができます。

そして、カードローンの金利は利用限度額に基づいて決まるのが一般的なため、利用限度額の多い方が有利になります。

カードローンは限度額の上限まで本当に借りれるのか?

ザウルスくん

カードローンの限度額で最高1,000万円とかあるけど、本当にそんなに貸してくれるの?

ガレオ先生

銀行カードローンは限度額800万円や1,000万円などがありますが、初めて申込みする人が最初からMAXの限度額で借りることは100%無理でしょう。

ザウルスくん

じゃあ限度額の最高金額は嘘ってことなの?車のローンやリフォームにも使えそうな金額なのに、借りれないの?

ガレオ先生

カードローンは信用が第一です。返済や借入を長期間していくことで信用が高くなり、限度額も上がっていくと考えた方が良いでしょう。

ザウルスくん

じゃあ2年間ちゃんと返済したら800万円借りれるってことだね!?

ガレオ先生

2年で800万~1,000万円借りれたら苦労はしませんよ…。そもそも、そこまで借りれる人は、かなりの年収が必要になりますし月の返済額も高額なので返済能力も高くなければ借りれません。私の記憶でも上限の限度額で借りてる人は聞いたことがないですね。

カードローンで限度額最高額はみずほ銀行や住信SBIネット銀行の1,000万円です。その下にオリックス銀行・イオン銀行・りそな銀行・ソニー銀行などの800万円が続きますが、実際に限度額MAXの1,000万円や800万円で借りてる人などいるのでしょうか?

銀行カードローンの場合、最高限度額になれば下限金利(一番低い金利)で借りられる可能性があります。例えばみずほ銀行カードローンの場合、限度額800万円で借りれたら金利は最も低い年2.0%と決まっています(住宅ローン利用中で金利引下げ特典適用の人は年1.5%まで下がります)。

みずほ銀行カードローンの金利


年2.0%の金利は自動車ローンでも安い方の金利ですし、住宅ローンが借りれるまでのつなぎ資金でも充分に利用できる低金利だと言えますが、本当に無担保・無保証でそこまで借りれるものなのか?疑問に思ったことがあるはずです。

カードローンではどこでも最高限度額が決められていますが、それを借りれる人はほとんど居ないと言っても良いでしょう。なぜならば、新規で申込みして800万円や1,000万円を借りれることは無いので、ある程度の利用実績が必要になるからです。

尚且つ、限度額も200万円~300万円などの大きな枠で一度も延滞が無く、良い取引を継続して何年も続けた場合に限ります。自動車ローンやリフォームローンなどはすぐに現金が必要になるため、カードローンで徐々に限度額を上げていく方法では間に合いません。

また、そこまで大きい金額の審査に通る人も実際にはほとんど居ないでしょう。仮に1,000万円の限度額を貸そうとしたとき、逆の立場だったら、年収いくらの人なら貸せると考えますか?少なく見ても年収2,000万円以上と考えるのではないでしょうか?

そうした場合、年収2,000万円以上の人がそこまで居ないのに加えて、それだけの高年収の人がカードローンから借金をするのか?という疑問も出てきます。

以上のことを踏まえた場合、MAXの限度額で借りれるのか?と考えれば、極めて難しいと言わざるを得ません。

借入限度額はどのように決められているの?

利用限度額は審査によって決定されるため申し込みをしてみなくてはどのくらいの限度額が設定されるかわかりません。唯一わかることとしては、消費者金融からの借入の場合総量規制の対象となるため借入限度額が年収の1/3以内で設定されるということです。

審査では、職業や年収、居住状況や他社からの借入の有無などをもとに返済能力があるかを判断されます。また、個人信用情報という金融機関との取引情報を照会して審査が行われますので、他社からの借入を隠して借入をすることは出来ません。

申し込み時に虚偽の申告をした場合、審査を通過する確率はほとんどありませんので注意しましょう。

限度額は高い方が金利も低い?

例えば、50万円の利用限度額における金利は18%で、100万円の利用限度額における金利が14.5%のカードローンがあったとします。

その場合、利用限度額が50万円の人が10万円を借り入れると18%の金利になりますが、同じ10万円を利用限度額100万円の人が借り入れれば14.5%の金利で済みます。

カードローンの限度額(限度枠)と金利10万円借りた場合の適用金利
利用限度額最高50万円、金利18.0%の場合10万円借りた時の金利は18.0%
利用限度額最高100万円、金利14.5%の場合10万円借りたときの金利は14.5%
利用限度額最高200万円、金利12.0%の場合10万円借りたときの金利は12.0%
そのため、誰しも金利が有利になる利用限度額の増額を業者に申し込みますが、増額のできる人もいれば、増額を拒否される人もいます。

現実に、同じ年収で、同じ勤続年数の人でも利用限度額の違うということはいくらでもあります。それは、利用限度額というのは利用者に対する与信で決められるからです。

そして、与信の判定には年収や勤続年数、雇用形態、家族構成などの利用者の属性の他にも、カードローンの利用実績や他社借入金額、返済事故なども考慮されています。

増額の審査で一番重要視される項目は?

ガレオ先生棒指しイラスト増額の審査で最も重要視される項目は、間違いなく今までの返済状況です。既に貸付をしている人への審査になりますので、最低条件の審査は通ってることになります。

そのため、今の限度額をアップできるかどうか?の判断基準はその人の返済能力と今までの返済状況によって大部分が決められると言っても良いでしょう。

例えば毎月の返済額が最低1万円なのに、毎月2万円返済している人や、限度額内で追加枠が残っているのに、ほとんど利用していない人などは、返済能力にまだ余力があると見られるのです。

その他にも、賞与月などに多めに返済している人や返済後にすぐに追加借入をしていないかなど、過去の入出金履歴でいろいろなことが分かることから、増額審査には返済履歴が大きなウェイトを占めると言っても過言ではありません。

優良顧客は必然的に限度額は高額になる?

カードローン事業というのは利用者にお金を融資し、返済される利息が利益の根幹になっています。従って、「優良」な利用者に対しては利用者の増額の申込の有無に関係なく、業者から利用限度額の増額を提示しています。

業者からの提示とは、携帯電話に増額の案内があることはもちろん、会員ログイン後に増額の案内が出ている場合などは、増額融資ができる可能性が高いと思っても良いでしょう。

ただし、消費者金融には総量規制があるため、年収の3分の1を超える利用限度額の設定はありません。

ちなみに、利用実績という点では、単発的に借り入れるのではなく、定期的に借入や返済を繰り返すことが評価されます。

なぜなら業者は安定ということを一番重要視するからです。ただ、安定的に利用していたとしても、他カードローンからの借入が多ければリスク要因としてマイナス材料になります。

勿論、延滞などの返済事故を起こしていれば、利用限度額の増額は不可能どころか、限度額内での追加借入も止められる可能性があります。

カードローンの限度額と極度額の違いとは?

契約書の裏面画像
カードローンには限度額と極度額がありますが、どのような違いがあるか知っていますか?限度額とは、その範囲内で繰り返し借入ができる「融資枠」のことであり、極度額は最大まで融資できる金額のことを指します。

例えばカードローン会社Aでは極度額が1,000万円で、利用限度額が50万円になっていた場合、借入できるのは限度額の50万円迄ですが、将来的に最高1,000万円まで増額することができることになっています。

勿論、増額には審査があるため、全ての人が極度額まで増額できるわけではありません。では、なぜ極度額なんてあるのか?それは、極度額を決めていれば、その範囲内なら契約書を書き替える(再度取得する)必要がないからです。

今は電磁的交付が認められていますので、紙の契約書は見なくなりましたが、カードローンには必ず契約書があり、契約内容を記したものがメールで送られてきます(電磁的交付は事前に同意する必要があります)。

仮に契約内容が極度額50万円となっており、100万円融資できる人に増額をする際は、再度契約をし直す必要があるのです。

それはカードローン会社にとっても、利用者にとっても手間なことなので最初から極度額をMAXにしておけば、再度契約をする必要はなく、カードローン会社の審査によって自由に限度額を上げたり下げたりすることができるのです。

要するに、極度額とは将来性も含めた貸付できる最大の金額と考えれば分かり易いかもしれません。実際には極度額について知らなくても問題ありませんので、限度額を同じようなものと思っていても支障はありません。

※プロミスの極度額の会員規約
第3条 (極度額および利用限度額)
極度額は、お客様が希望した金額の範囲内で、当社が承諾した金額とし、契約内容確認書に記載します。
当社は、お客様の信用状況に関する当社の審査により、極度額を上限として利用限度額を定めます。お客様は、利用限度額の範囲内で繰返し借入ができます。
お客様に次の各号のいずれかにあたる事由が生じた場合、当社は、利用限度額を減額することができます。
(1)本規約に違反したとき、または債務不履行があったとき。
(2)当社から金銭消費貸借契約にもとづく借入をしたとき。
(3)当社と他の極度借入基本契約を締結したとき。
(4)お客様の信用状況に関する当社の審査により、当社が相当と認めたとき。
前項に定める他、当社が相当と認めた場合、当社はあらたな借入を停止することができます。
お客様の信用状況に関する当社の審査により、当社が相当と認めた場合、当社は、利用限度額を増額し、また、あらたな借入の停止を解除することができます。
当社は、お客様が満70歳となったとき、あらたな借入を中止します。お客様は、以後、あらたな借入はできません。
(引用元:プロミスカード会員規約より)

上記はプロミスの会員規約の一部です。極度額と利用限度額が第3条に書かれており、極度額は、お客様が希望した金額の範囲内でプロミスが承諾した金額とし、限度額は極度額を上限として定めると書いてあります。

大手カードローンの限度額一覧

カードローン名
ご利用限度額
金利
プロミス
1~500万円
4.5%~17.8%
アコム
最高800万円
3.0%~18.0%
SMBCモビット
最高800万円
3.0%~18.0%
みずほ銀行カードローン
最高800万円
2.0%~14.0%
オリックス銀行カードローン
最高800万円
1.7%~17.8%
イオン銀行カードローン
最高800万円
3.8%~13.8%
新生銀行カードローンレイク
最高500万円
4.5%~18.0%
消費者金融の限度額は年々上がってきており、2016年12月現在ではモビットとアコムが最高限度額800万円にまでなっています。昔の消費者金融では、大手でも300万円がMAXの限度額でしたが、300万⇒500万⇒800万と、銀行カードローンと同じ限度額まで増えています。

いくら最高限度額が上がったと言っても、このページで説明しているようにMAXの限度額で新規借入できる人などいません。特に消費者金融では利用実績が評価されますので、長年利用を続けた信用ある人+年収が高く返済能力が高い人(総量規制に抵触しない人)しか借りられません。

本気で500万円超の限度額を狙いにいくなら、消費者金融よりも銀行カードローンに行くべきです。審査はその分厳しくなりますが、銀行は消費者金融とは違って、新規でもある程度大きな枠で融資可能になる可能性があります。

そして、限度額によって金利が予め決められていますので、限度額が高ければそれだけ低い金利で借りることができるからです。特におまとめ目的で大きな限度額を借りたい人は、利用使途を他社一本化と、はっきりと伝えることが重要です。

同じ500万円の審査でも、おまとめローンに利用するのと、何に利用するか分からないのでは審査担当者の印象も変わってきます。いずれにせよ、大きな限度額を借りたいならば銀行カードローンに申込することが必須です。

【ガレオ先生による限度額のまとめ】ガレオ先生の解説
初めてカードローンを借りる人で大きな限度額を希望なら、銀行カードローン一択です。消費者金融は一般的で50万円、大きくて100万円までの壁がありますので、おすすめしません。

▲目次にもどる

関連する記事

カードローン即日融資の意味と方法
収入証明書不要で借りれるカードローンはあるのか?
おまとめローンのメリットとデメリットとはなにか?
おまとめローンと借り換えローンの違いと成功の秘訣
無利息カードローンの種類と特徴【消費者金融・銀行】

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。