1. カードローンザウルスTOP
  2. モビット
  3. ≫SMBCモビットの特徴とメリット・デメリット

SMBCモビットの特徴とメリット・デメリット

モビットの特徴とメリットデメリット見出し画像

初心者マークイラストモビットの商品内容

契約形態 極度借入基本契約
借入利率 契約毎に定める借入利率を次の通りとします。
(年365日の日割計算)実質年率 : 3.0%~18.0%
借入利息
計算方法
借入残高×借入利率÷365日×返済期日以前利用日数
ただし、うるう年の場合、年366日の日割計算とします。
賠償額の元本に対する割合 実質年率 20.00%
(平年の場合、年365日の日割計算/うるう年の場合、年366日の日割計算)
担保・保証人 不要
ご利用対象 満年齢20才~69才の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。
元本及び利息の支払い 指定された毎月一定日までに、特定の元本と利息をご返済いただきます。
貸付方法 ATM、CD、振込貸付
返済方法 ATM返済、振込返済ならびに口座振替
返済回数及び返済期間 最大106回(最長8年10ヶ月)
商品限度額 利用限度額1万円~800万円
※利用限度額は利用状況に応じて最高800万円まで
約定支払日 モビット指定日より選択
毎月5日、15日、25日、末日

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットは、満20歳~69歳の安定した収入のある方は誰でも申し込みをすることが出来ます。

アルバイトやパート、自営業の方でも本人に安定した収入がある場合は申し込み可能です。

SMBCモビットの特徴の1つとして有人の店舗を持っていないという点が挙げられます。そのため、自動契約機を設置してありますが、その自動契約機は他社の自動契約機とは違ったシステムになっています。

通常、自動契約機というのは申込から審査、契約、カード発行まで一連の流れになっていますが、モビットの自動契約機は申込むとすぐに10秒簡易審査が行われ、融資可となるとその時点でカードが発行され、自動契約機の手続きはそこで終了します。

その後、本審査が行われ、本審査の結果案内の連絡が行われた時点でカードが利用できるようになります。なお、契約書類は後日郵送での処理となります。

check【他社とは違うモビットのローン契約機の流れ】

モビット自動契約機の流れ

SMBCモビットのメリット

WEB完結女性画像
SMBCモビットの1番の特徴でありメリットとなるのは、WEB完結で来店、電話連絡、郵送物一切なしの借入が出来る点です。

このWEB完結では、在籍確認を書類で行います。通常の在籍確認は会社に直接電話がかかってきて行われることが多いため、職場の人にバレないか不安に思う人が多いかと思います。しかし、書類での在籍確認では職場に電話がかかってくる心配がありません。

また、WEB完結の場合基本的にカードレスで融資を受けることが出来るためカードを持ち歩く必要もなく、郵便物が届くこともありません。家族に内緒で借入をしたいという方にはおすすめのカードローンです。

ポイントイラスト【モビットWEB完結はここがすごい!】

  • 来店は一切不要!すべてWEB上で手続きできる!
  • 電話による連絡は無し!すべてメールで可能!
  • カードレスの為自宅にも書類が届きません!安心して申込みできます。

審査は最短30分で完了!

モビットの審査には10秒簡易審査という仮審査があります。10秒簡易審査とは、申し込みの必要事項を入力すると10秒で融資の可否と利用限度額が表示されるものです。

他社の借入診断とは異なり正式な審査の一環として行われているため、正確な情報を入力するようにしましょう。

10秒簡易審査に通過すると本審査を受けることになりますが、審査時間は最短30分と短い点もメリットの1つです。

あくまでも最短時間なので実際には1時間~2時間かかることが多いですが、午前中に申し込みをしておくことで即日融資を受けることも可能です。

また、急ぎの場合は申し込み後にコールセンターへ電話をして、急いでいることを伝えておくと早めに審査をしてもらうことも出来ます。

SMBCモビットのデメリット

モビットは、返済方法が限定されてしまう点がデメリットとなります。

モビットの返済方法
  1. 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行口座からの引き落とし(他行は不可)
  2. 銀行振込での返済(振込手数料負担)
  3. 提携ATMからの返済(一部手数料負担)
口座引き落としのできる銀行が三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行しかないため、口座が無い場合は新たに開設をするか、ATMか銀行振込で返済するしかありません。

ただし、ATMと銀行振込の返済は手数料が発生してしまいます。1回につき108円~216円と大きな金額ではないもののカードローンは毎月返済していくことになるため積み重なると大きな負担となります。

また、インターネット返済にも対応していないため営業時間中に銀行やATMに返済に行く手間がかかります。

無利息期間がない

モビットの金利は、消費者金融の中では平均的ですが銀行カードローンと比べると高めに設定されています。

銀行カードローン金利
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン1.8%~14.6%
プロミス4.5%~17.8%
SMBCモビット3.0%~18.0%
アコム3.0%~18.0%

また、大手消費者金融では無利息期間を設けているところが多く短期の借入の場合は銀行カードローンよりも少ない利息で借入をすることが出来ます。

しかし、モビットにはこの無利息期間がないためとにかく低金利で借入をしたいという方にはあまりおすすめ出来ません。

スマホATM取引


2017年5月15日からセブン銀行とSMBCモビットが提携をしてスマホATM取引が開始しました。

スマホATM取引とは、モビットの会員スマートフォンアプリとセブン銀行ATMを利用して借入や返済をすることが出来る新しいサービスです。

元々、モビットのカードレスローンでの借入は、口座振込のみでの借入となっており、平日14時までの申し込みが必要だったり夜間や週末の借入が出来なかったためひとつのデメリットとなっていました。

しかし、このスマホATMが開始したことにより、カードレスでも24時間(0時10分~23時50分)365日取引が可能となり、さらに便利に利用出来るようになりました。

さらに、セブン銀行ATMは全国に23,000台あり、自宅近くだけでなく駅や会社の近く、外出先でもセブン銀行ATMがある場所で借入や返済をすることが出来ます。

スマホATMの利用方法

先にアプリをダウンロードしてログインしておく必要がありますが、借入や返済は画面に沿って操作していくだけなので比較的簡単に取引が出来るようになっています。

借入をする場合はセキュリティーのためモビットカード番号暗証番号の入力が必要になるためすぐに入力できるようにしておくとスムーズに取引が出来ます。

スマホATMの手数料

ザウルスくん

セブン銀行のATMは色んな所にあって借入も返済も出来るからとっても便利だね!

ガレオ先生

便利ですが、利用しすぎてしまうと手数料の負担が大きくなってしまうことを忘れてはいけませんよ。

スマホATM取引は自分の好きな場所から時間を気にすることなく借入・返済ができてとても便利なサービスです。

しかし、ATM手数料(1万円以下108円、1万円超216円)がかかってしまう点がデメリットとなります。

もちろん、好きな時間に借入が出来るようになり利便性はかなり上がりましたが、毎回スマホATMを利用して取引をしていては手数料の負担がどんどん大きくなっていきます。

そのため、便利なサービスではありますがむやみにスマホATMを利用するのではなく、返済は手数料のかからない方法で支払いするなど手数料を最小限におさえられるようにしましょう。

SMBCモビットの総評

モビット 金利
(実質年率)
限度額 審査時間 即日融資 専業主婦
◯×
特徴 3.0%~18.0% 800万円 最短即日 ※可能 不可
星評価 星2個 星5個 星4個 星5個 星05個

※即日融資は平日14:50分までに振込手続き完了が条件です。(審査によっては不可もあり。)
ガレオ先生棒指しイラストモビットはテレビCMなどの広告から知名度は非常に高く、消費者金融のネガティブなイメージではなく、安心して借入できるところがポイントとなります。

そして最大の特徴はWEB完結型申込みによって、電話連絡・郵便物無く借りれることでしょう。他の消費者金融でもWEB完結はありますが、契約はWEB上で完了しても、カード発行がある為、カードだけは自宅に郵送されてしまいます。

しかし、モビットのWEB完結であれば、カードレスになっているので自宅に書類が届く心配はありません。これによって、今まで書類が送られるのが不安で申込みをしなかった人でも気にせず申込みすることができます。

このサービスはモビットの独自サービスとなっており、WEB完結だけでも利用者から見れば評価はかなり高いと言えるでしょう。


 
 

関連する記事

モビットの10秒簡易審査とWEB完結とは?
プロミス30日間無利息の特徴とメリット・デメリット
プロミス独自のサービスや特徴的なサービス

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。