1. カードローンザウルスTOP
  2. レイクALSA
  3. ≫レイクALSA(アルサ)が消費者金融最強説!審査とメリットを徹底解説!

レイクALSA(アルサ)が消費者金融最強説!審査とメリットを徹底解説!


レイクALSA(アルサ)は、新生銀行カードローンレイクが消費者金融に変わったものです。

もともとレイクは銀行カードローンでしたが、2017年の銀行による過剰貸付問題を発端として、金融庁が銀行へ申込者は必ず警察庁のデータベースを照会し、反社会的勢力等に属していないか確認することが義務付けられました。

警察庁のデータベースの回答は早くても翌日回答になることから、銀行カードローンは即日融資ができなくなったのですが、新生銀行カードローンレイクは、即日融資に重点を置いていることと、データベース照会の手間を考え、貸金業者の新生フィナンシャルが貸付する、レイクALSAに商品を変更したのです。

銀行カードローンから消費者金融に商品が変わっても、金利やサービスなどは変わりません。むしろ、消費者金融のレイクALSAになったことでより一層他社よりもメリットが多くなっています。

そんなレイクALSAは消費者金融でも最強説があり、銀行カードローンのメリットを生かした最速、利便性抜群のカードローンになっています。

具体的にどこが最強なのか?多くのメリットと共に解説していきます!

レイクALSAの金利や限度額は?商品スペックを紹介!

レイクALSAのスペック

初心者マークイラストレイクALSAの商品内容

ご融資額 1~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%
ご利用対象 満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率) 20.0%
返済方式 残高スライド方式
元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数 最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)
※融資枠の範囲内での追加借入や繰り上げ返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 運転免許証等
※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要

ザウルスくん

レイクALSAが最強って、そんなにカードローンのスペックが良いようには見えないけど…。どこがそんなに最強なの?

ガレオ先生

たしかに金利は消費者金融なので低くはありません。しかし、金利以外は銀行カードローンを含めてもレイクALSAはトップクラスと言っても良いでしょう。1つずつ説明していきますね。

レイクALSA公式サイトはこちら

レイクALSAの金利は高いので特にメリットはありません

まず最初に言っておきますが、レイクALSAの金利(実質年率)は4.5%~18.0%となっていますので、アコムやモビット、アイフルなど、他の消費者金融と同じで高いです。

金利18.0%というのは、10万円以上100万円未満の法律上限金利になりますので、貸金業法上でも最高の利率なのです。

しかし、レイクALSAの前身の新生銀行カードローンレイクの時も金利は同じでした。要するに、金利はずっと前から変わっておらず、レイクALSAは金利にそこまで力を入れていないのです。

もし金利だけを重要視してお金を借りたいのならば、消費者金融ではなく、銀行カードローンに申込するべきでしょう。

消費者金融では100万円未満の限度額で17%~18%の金利になりますが、銀行カードローンであれば13%~15%程度の金利になるので約3%~4%程度違ってきます。

但し、カードローンは金利だけを見て決めると絶対に失敗します。

なぜ金利だけで決めると失敗するのか?

銀行カードローンの方が金利が安いと多くの人は思っていますが、利用する期間次第では無利息サービスがある消費者金融の方が利息の支払いが少なくなることは往々にあるのです。

簡単に言ってしまえば、2ヶ月以内に完済すると決めている人は、銀行カードローンよりも30日間無利息が付いている消費者金融の方が低金利になります。

銀行も消費者金融も借りてしまえば信用情報に登録されますので、状況は同じです。銀行だから信用情報に登録されないということはありません。

あとは自分自身の問題だけです。消費者金融から借りるのに抵抗がある人は銀行から借りればいいだけです。

ちなみに、後から書きますが、借入中のサービスが良いのも圧倒的に消費者金融になります。

大手消費者金融の金利(実質年率)

消費者金融 金利(実質年率)
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
モビット 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%

銀行カードローンの金利

銀行 金利
りそな銀行 3.5%~12.475%
イオン銀行 3.8%~13.8%
みずほ銀行 年2.0%~14.0%
三井住友銀行 4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行 1.8%~14.6%
楽天銀行 1.9%~14.5%
ガレオ先生

金利だけを見れば、レイクALSAは他の消費者金融と同じなので、特にメリットはありません。

レイクALSAのメリットは選べる2つの無利息にあり!最大180日間無利息

利息0円
レイクALSAには多くのメリットがありますが、その中でも1番は、お借入れ額全額を30日間無利息か、借入額の5万円まで180日間無利息か、2つの無利息サービスから自分に合った方を選べることです。

消費者金融では新規契約の方に限り30日間無利息サービスが一般的です。レイクALSAと同じ新生フィナンシャルの商品でノーローンがありますが、ノーローンは他とは違い、なんどでも1週間無利息サービスを行っています。

レイクALSAの様に、2つの無利息から選べれる消費者金融は他にはありません。

消費者金融 無利息内容
プロミス 借入日から30日間無利息
アコム 契約日から30日間無利息
モビット 無利息なし
ノーローン なんどでも1週間無利息
アイフル 契約日から30日間無利息

上記が大手消費者金融の無利息内容です。唯一モビットだけ無利息サービスはやっていません。プロミス・アコム・アイフル・レイクALSAの無利息で共通することは、新規契約(初めて利用)の人に限り、無利息サービスを特典として付けています。

ノーローンはなんどでも1週間無利息になりますが、月内に再度1週間無利息を使うことはできません。完済した翌月以降にまた利用した時に1週間無利息になります。

無利息起点の借入日と契約日は何が違うの?

ガレオ先生ポイントイラスト多くの消費者金融では新規契約の人に対し、30日間無利息サービスを行っていますが、同じ無利息でもプロミスとアコムでは内容が違っています。

プロミスは無利息期間の起点日が「借入日」からになっていますが、アコムは「契約日」になっているのです。

借入日と契約日で何が違うのかと言えば、契約してカードだけ作り、現金は出金しない人が中にはいます。このような人は、すぐにお金は必要ないけど、もしもの時を考えて、いつでも借入できるカードを作っておきたい人達です。

しかしこの場合、アコムの無利息サービスは契約日が起点日になりますので、お金を借入(出金)しなくても無利息期間はスタートしているのです。そのため、仮に20日後に借入(出金)をした場合、無利息期間は残り10日間しか適用されないことになります。

これがプロミスであれば、無利息の起点日は「借入日」からになりますので、契約だけしても無利息はスタートしません。20日後に借入した時点から30日間無利息になりますので、同じ無利息に見えても、プロミスの方が断然使いやすいのです。
※レイクALSA、アイフルも契約日から無利息がスタートします。
【関連記事】プロミス30日間無利息の特徴とメリット・デメリット

5万円以下で借りる人はレイクALSAが最も低金利!どっちの無利息がお得!?

レイクALSAには2つの無利息から自分に合った方を選ぶことができますが、どっちがお得になるのか、分かりにくい人もいるでしょう。

レイクALSAの無利息は、借入額が30万円以上の人であれば、お借入れ額全額を30日間無利息にした方がお得になります。

借入額が30万円以下(厳密に言えば28万円以下)の場合は、5万円までを180日間無利息にした方がお得になります。

このことから少額借入なら、圧倒的にレイクALSAは低金利で借りれれることになります。もし5万円しか借りる必要がない人は、180日間も利息は払わなくてもOKです(毎月1度の返済はあります)。

このことを知らずに銀行カードローンで借りてしまえば、仮に金利14.0%で借りられたとしても、5万円の1ヶ月間(30日間)の利息は575円です。半年間の利息を考えれば、圧倒的にレイクALSAの方が低金利になるのが分かるはずです。

ザウルスくん

5万円までなら180日間金利が0円だから、毎月元金だけ返済する感じだね!超~♪お得だね!

レイクALSAなら提携ATM手数料が無料!消費者金融最強の利便性!

手数料無料のATM
レイクALSAが消費者金融最強と言われる理由は、提携ATM手数料が無料になっていることです。

えっ!?それってそんなに凄い事なの?と思うかもしれませんが、レイクALSA以外の消費者金融では提携ATM手数料は有料になっています。

しかも提携ATM手数料は取扱額が1万円以下で108円、1万円超で216円となり、かなり高い金額を徴収されているのです。

取扱金額 提携ATM手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

仮に、レイクALSA以外の消費者金融で借りていて、提携のセブン銀行ATMから返済期日に2万円入金して、その後2万円追加で借りたとします。

その場合、返済時に216円、借入時に216円で合計432円の手数料を取られているのです。もし、次回返済時までにもう1度2万円を提携ATMから追加借入すれば、さらに216円加算され、計648円も取られます。

金額は少額かもしれませんが、この提携ATM手数料は返済時(入金時)に利息よりも優先して充当されますので、なかなか元金が減らないと感じる要因になってくるのです。

いつもコンビニに設置してある銀行ATMなどから借入・返済をする人は、レイクALSAに変更するだけで、年間で考えればかなりの金額のメリットがあるのです。

銀行カードローンは提携ATM手数料無料が当たり前?

銀行カードローンのほとんどは、コンビニや金融機関の提携ATM手数料が無料となっています。一部有料な提携先もありますが、利用者が多いコンビニ銀行ATMは、ほぼ無料と思っても大丈夫です。

レイクALSAは新生銀行カードローンレイクの時から、コンビニの提携ATMは無料になっていました。消費者金融に移ることになった時に、提携ATM手数料は有料になるものだと思っていましたが、いい意味で裏切られました。

しかし、消費者金融の括りの中で手数料無料なのは、かなり大きなPRです。カードローン利用者はセブン銀行・ローソン・EnetのコンビニATMをよく使っています。

手数料を取られると知っていても、便利で近いコンビニに寄ってしまうのです。先ほども言ったようにATM手数料は1回は少額ですが、積もれば積もるほど元金の減りが少なくなり、それがストレスとなっていきます。

月の提携ATM手数料が1,000円を超えている人は珍しくありません。10万円を金利18.0%で30日間借りた場合の利息が1,479円です。そこに1,000円の手数料が上乗せされれば、最低入金額の3,000円を返済しても、元金充当されるのは僅か521円だけになってしまいます。

ATM手数料は本当に勿体ない支払いです。手数料が有料の消費者金融で借りている人は、すぐにでもレイクALSAに変えることを、おすすめいたします。

ザウルスくん

家の近くのコンビニでいつも借入と返済してるけど、全然元金(残高)が減っていかないよ….。

ガレオ先生

当たり前です!消費者金融の提携ATM手数料は高いので、すぐにATM手数料無料のカードローンに変更するべきですね。

レイクALSA公式サイトはこちら

レイクALSAの審査は最短15秒!カードレス対応で郵送物なしで借りれる!

WEB完結
ここ最近のカードローンは、自宅への郵送物なしで借りれるところが人気になっています。

1人暮らしの人なら問題ありませんが、親や配偶者と同居している人にとって、消費者金融から送られてくる郵便物は不安で仕方ありません。

いくら親展で自分宛に届いても、家族なら郵便物を勝手に開けてしまう可能性があるからです。少しでも不審な郵送物が来たら、例え自分宛でなくても、気になって中身を見てしまう人は意外に多いのではないでしょうか?

消費者金融のカードローンは封筒に社名など書いていませんが、中身を見られれば当然バレます。

配偶者や親に内緒で借りた人であれば、まず聞かれることは、なぜお金が必要で、何に使ったのかです。

真っ当に家族や家のために使うお金ならば問題ありませんが、内緒で借りている人の多くは、交際費や飲み代、ギャンブルなど、小遣いの補填としてこっそり借りているので、使い道など聞かれるのが一番困るのです(笑)

消費者金融では今、レイクALSAを始め、プロミス、モビット、アイフルでも郵送物なしで借りることができます。

今までは、カードが必ず自宅に送られてきましたが、モビットが最初にカードレス(カード不要)で借りれるようなシステムを作ったことで、他の消費者金融も追随した形になっています。

郵送物なしで借りるならカード不要で返済は口座振替にする

今のカードローンはWEB完結が主流になっていますので、インターネット上で契約することができます。

一昔前であれば、契約書の控えを申込者に渡すことが法律で義務付けられていたため、カードと一緒に契約書の控えも郵送していました。

しかし、旧貸金業規制法から貸金業法への改正時に、電磁的方法による書面の交付が認められました。これによってインターネット上で契約書控えを交付することで、自宅への郵送はなくなったのですが、問題はカードです。

ローンカードを会社など、自宅以外に送ることは禁止になっているため、カードだけは郵送する必要があったのですが、モビットが最初にカードそのものを発行しない(不要)の選択を入れたのです。

カードを使って、ATMから入金・出金をするのがカードローンのイメージでしたが、今はネットバンクも増えてきて、最短数分で振込手続きが完了したり、セブン銀行でもカードなしでアプリ等で取引ができるようになっています。

借入は振込で行い、返済は毎月口座引落しにしてしまえば、WEB完結で契約し、カード発行を不要にすれば、自宅への郵送物はなしで借りれることになったのです。

レイクALSAの審査時間はカードローン最速!?最短15秒審査!

レイクALSAの審査時間は申込完了から最短15秒で結果表示されます。プロミスやアコムなどは最短でも30分審査になっていますので、申込してから結果が来るまでにある程度時間がかかります。

しかし、レイクALSAは申込完了画面に最短15秒で結果が表示されるので、結果の待ち時間がほとんどありません。

これほどまでに早く審査結果が出るのも、AIを審査に取り入れているからであり、間違いなくスピードはカードローンNo.1と言えます。

レイクALSAの最短即日融資は平日21時までの契約完了で可能!

レイクALSAが凄い理由は最短即日融資の締め切り時間が平日なら21時までになっている点です(※日曜日は18時まで)。

銀行カードローンは即日融資ができないことは説明しましたが、一昔前の消費者金融は平日14時までに振込手続き完了が、当日融資の1つの目安になっていました。

しかし、今現在は振込時間が大幅に延長されており、またネットバンクの普及も要因で、締め切り時間の概念がほとんど無くなっています。

例えばレイクALSAの場合、最短即日融資は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能となっています(※一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます)。

そのため、仮に平日の夜8時に申込しても、審査結果は申込完了画面に最短15秒で結果表示されるので、21時までに契約手続き完了は充分に可能です。

e-アルサがあればカードなしでもセブン銀行から借入ができる!

レイクALSAはカードレス(カード発行なし)に対応しており、WEB完結でカードレスを選択し、返済を口座振替(銀行引落し)にすれば、自宅へ郵便物なしで借りれると説明しました。

そこでよく質問されるのが、カードが無い場合、いちいちレイクALSAに電話して追加融資の振込を依頼しないといけないのか?ということです。

カードがあれば、提携ATMなどに行けばすぐ借入ができますが、カードレスの場合だとどうなるのか?

そんな不安はレイクALSAには関係ありません。なぜなら、公式スマホアプリe-アルサをスマートフォンにダウンロードして、近くのセブンイレブンに設置してある、セブン銀行へ行けばカードなしで借入することが可能になっているからです。

しかも、振込と同じく21時までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で当日融資も可能です。下記にe-アルサを使って、セブン銀行でATM取引の流れを説明します。

公式アプリe-アルサを使ってカードなしで借りる流れ

e-アルサ画面

【STEP1】
アプリの画面から「お借入れ」をタップ。画面に従い、お手続きください。


バーコード画面

【STEP2】
バーコードリーダーが起動したことを確認し、STEP3にお進みください。


スマートフォンでの取引

【STEP3】
セブン銀行ATMのTOP画面から「スマートフォンでの取引」ボタンを押してください。


QRコード

【STEP4】
ATMで表示されたQRをSTEP.2で起動したバーコードリーダーで読取ります。
※QRコードを読取りにくい場合は、QRコードの下部にある「印刷」ボタンを押してください。


企業番号画面

【STEP5】
QRコードを読取ると企業番号が表示されます。


確認画面

【STEP6】
STEP5で表示された企業番号をATMの入力画面に入力完了後、「確認」ボタンを押してください。この後は画面に従って入力してください。

レイクALSAは銀行口座なしでも借りることはできるのか?

ほとんどの人は自分自身の銀行口座を持っていると思います。

しかし、中にはまだ年齢が若くて普通預金口座を作っていない人や、銀行口座はあるものの、通帳記帳すると借金がバレるので振込融資を受けたくない人など、とにかく「振込以外で借りたい!」人は一定数いるはずです。

そのような場合、自動契約機で契約すれば、その場でカードが発行され、併設のATMですぐに借入ができるようになっています。

自動契約機ではカードと契約書控えも交付されますので、自宅への郵送物は一切ありません。また、平日は8:00~22:00まで(毎月第3日曜日は8時~19時まで)審査結果をお知らせしてるので、夜に行っても全然大丈夫です。

おすすめは、WEBで申込して審査結果OKを確認してから自動契約機に行くことです。

自動契約機に行き、直接申込することもできますが、もし審査に通らなかった場合、無駄足になってしまうので極力WEBで審査結果を確認してから行くことをおすすめします。

※自動契約機でWEBから申込して審査に通っていると言えば審査をもう一度する必要はありません。

レイクALSAのデメリットは何があるのか?

レイクALSAはメリットが非常に多く、消費者金融でも最強説を書いてきました。

では、逆にデメリットは何があるのか?レイクALSAのデメリットについて説明していきます。

【デメリット1】カードローンの中で金利が高い

最初のデメリットは、カードローンの中でも金利が高い設定になっていることです。

冒頭部分で説明しましたが、レイクALSAの金利は4.5%~18.0%になっているため、新規申込で100万円未満の限度額だった場合、必ず18.0%の金利(実質年率)になります。

消費者金融では18.0%の金利は一般的ですが、銀行カードローンも含めた中で考えた場合、18.0%の金利は高いと言わざるを得ません。

しかし、レイクALSAの特徴である、お借入れ額全額を30日間無利息または、借入額の5万円までを180日間無利息の2つの無利息サービスがありますので、借りて3ヶ月以内に完済予定の人などは、銀行カードローンよりもレイクALSAの方が低金利で借りられる可能性が高いです。

【デメリット2】専業主婦は借りられない

これはレイクALSAだけではなく、全ての消費者金融になりますが、2010年6月に貸金業法の総量規制が完全施行となってからは、申込者本人に収入が無ければ貸付(融資)することが禁止になりました。

総量規制ができる前は、本人に収入が無くても、配偶者に安定収入があれば、消費者金融会社は融資をしていました。

銀行カードローンでは総量規制がないことから、法律的には専業主婦に融資ができるのですが、今は銀行でも専業主婦への融資を断っているところが多いです。

銀行カードローンの審査は昨今厳格化になっているため、専業主婦は現状、無担保・無保証のカードローンで借りるのは難しい時代になっています。

【デメリット3】他の消費者金融に比べて審査が厳しめ

プロミスやアコムは審査通過率を月次データとして公開していますが、レイクALSAは公開していないため、どれぐらいの審査通過率は分かりません。

しかし、新生銀行カードローンレイクの時は審査通過率が30%~40%以下と予想されており、新生フィナンシャルのレイクALSAになっても、商品内容は同じのため、そこまで審査通過率は変わっていないと予想されます。

プロミスの審査通過率平均が約45%程度なので、プロミスよりも若干審査は厳しいと思っておいた方が良いでしょう。

【デメリット4】月々の最低返済額が若干高め

これはほとんどデメリットとは言えませんが、レイクALSAは月々の最低返済額が若干高めになっています。

レイクALSAの毎月最低返済額

ご利用残高 毎月の最低返済額
10万円以下 4,000円
10万円超~20万円以下 8,000円
20万円超~30万円以下 12,000円
30万円超~40万円以下 13,000円
40万円超~50万円以下 14,000円

ソニー銀行の毎月最低返済額

ご利用残高 毎月の最低返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~40万円以下 6,000円
40万円超~60万円以下 8,000円
60万円超~80万円以下 10,000円

上記はソニー銀行との毎月最低返済額の比較です。

ソニー銀行カードローンは金利が2.5%~13.8%とレイクALSAよりも低くなっているため、返済額も低くなっているのですが、月々約半分程度の返済額になっています。

返済額が低いことが、必ずしもメリットになるわけではありませんが、支払いが厳しい月などは、最低返済額が少なければ少ないほど、利用者にとってみれば嬉しいものです。

レイクALSAと同じような金利のカードローンとして、オリックス銀行カードローンがあります。

オリックス銀行の金利は1.7%~17.8%になっていますので、上限金利の17.8%はプロミスと同じ金利です。

オリックス銀行の毎月最低返済額

ご利用残高 毎月の最低返済額
30万円以下 7,000円
30万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~150万円以下 30,000円
150万円超~200万円以下 35,000円

オリックス銀行カードローンは、30万円以下は一律7,000円となっており、50万円以下でも10,000円になっています。

50万円超になると返済金額が大きくなっていますが、50万円以下は同じような金利のレイクALSAよりも月々の返済金額は低いのです。

このことから若干ですが、レイクALSAの毎月の返済金額が高めに設定されていることが分かると思います。

しかしながら、最低返済額が低すぎれば、元金の減りは少なくなりますので、メリット・デメリットどちらにも言う事ができます。

レイクALSAが消費者金融最強説!まとめ

レイクALSAのメリットとデメリットについて書いてきましたが、デメリットはほとんど無く、メリットが非常に多いカードローンの事が分かったと思います。

正直、レイクALSAの金利が14%程度だったら、カードローンの中でもトップ1.2に入るレベルになっています。

今の最先端の要素を全て詰め込んでおり、この内容で金利以外の不満があるならば、多分他のカードローンで借りても不満が出ます。

特に消費者金融で提携ATM手数料が無料なのは絶大なメリットです。個人的には銀行カードローンの時よりも、メリット部分が際立つので、消費者金融事業へ転換したのは正解だと思っています。

レイクALSAはこれからもっと露出が増えていくことでしょう。間違いなくおすすめのカードローンです。

ザウルスくん

レイクALSAって本当に凄いね!他で借りて提携ATM手数料払うなら、最初からレイクALSAだね!

ガレオ先生

一度借りてしまうと、別のカードローンへ申込むのは面倒ですよね。だからこそ借りる前に知識を付けることが重要なんですよ。

レイクALSA公式サイトはこちら

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。