1. カードローンザウルスTOP
  2. カードローン基礎知識
  3. ≫土日曜祝日でもカードローンは借りれるのか?

土日曜祝日でもカードローンは借りれるのか?

土日の申込イラスト
週末、ショッピングやレジャーに出かけようとしたのに「お金が足りない!」そんな時に便利なのがカードローンです。

土日曜祝日にカードローンでお金を借りるのは無理だと諦めてしまったという経験がある人もいるかもしれませんが、現在ではインターネットがあるため、店舗が休みの土日曜・祝日でも申込ができます。

ただし、土日曜祝日の申し込みにはいくつか注意するべき点があります。

土日で勤務先の在籍確認が取れないと借入できない?

休日の在籍確認イラスト
カードローンを利用するためには必ず審査を受ける必要があります。そのため、土日曜祝日に申し込みをする場合は、審査受付時間会社への在籍確認が出来るかどうかがポイントとなっています。

カードローンの審査には必ず在籍確認が含まれていますが、在籍確認というのは通常、申込者の勤務先に直接電話をして確認するものであるため、勤務先が営業していることが前提になっているのです。

仮に、勤務先の休業日で在籍確認が取れなかった場合、審査が終わらないためカードが発行されません。また、金融機関ごとに審査の受付時間が決まっており、受付時間外の申し込みは翌営業日以降に審査が行われるということになります。

業者のホームページには「自動契約機は土日曜・祝日でも申込が可能」と謳ってあるため、誤解している人が少なくありませんが、この文言の意味はあくまでも申込ができるということに過ぎず、融資ができるかどうかはその後の審査次第になります。

 
自動契約機(テレビ窓口)
営業時間
審査受付時間
SMBCモビット
8:00~21:00
(店舗による)
9:00~21:00
プロミス
9:00~22:00
※一部21時もあります
9:00~20:00
アコム
8:00~22:00
9:00~21:00
レイク
土曜日 8:00~24:00
日曜・祝日 8:00~22:00
第3日曜日 8:00~19:00
通常時間帯 8:10~21:50
第3日曜日 8:10~19:00
三菱東京UFJ銀行
土曜・祝日 10:00~18:00
日曜 10:00~17:00
9:00~17:00
三井住友銀行
9:00~21:00
9:00~21:00

※プロミスの自動契約機営業時間は9:00~22:00ですが、一部21時もあります。

大手消費者金融なら休日でも借入が可能な場合が多い!

土日曜祝日の借入は無理なのかというとそうでもなく、実は大手消費者金融の中には休日のために勤務先への在籍確認が取れなくても貸出をしてもらえるところがあります。

①書類で在籍確認を行う場合

電話での在籍確認ではなく、就業の証明として勤務先が発行している健康保険証給与明細書などの書類を提出することで在籍確認を行います。

書類での在籍確認で必要なもの
  • 収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書直近2ヵ月分
  • 所得証明書
  • 税額通知書
  •  

  • 勤務先証明書類
  • 社会保険証もしくは組合保険証
  • 給与明細書

②後日在籍確認を行う場合

消費者金融の中には、在籍確認を後日行う場合があります。

基本的には在籍確認が完了していないと借入をすることが出来ませんが、在籍確認が完了していなくても少額の融資をしてもらえることがあります。

この場合、まず少額の利用限度額が設定されて、在籍確認完了後に増額してもらえることが多いです。

ただし、借入後に在籍確認が行われ、在籍の確認が取れなかったり虚偽の申告をしていたことがバレると一括返済を求められることもありますので注意しましょう。

自動契約機でのカード発行が早くて確実!

銀行・消費者金融問わず、土日曜祝日に早く借入をするためには自動契約機もしくはテレビ窓口でカード発行をする必要があります。

土日曜祝日は銀行が営業していないため振込での融資を行っていないケースが多く、カードを発行してATMからお金を引き出す方法が一番早く確実な方法と言えるからです。

また、時間短縮のためにはインターネットから申し込みを行い、自動契約機でカード発行する方法がおすすめです。

WEB申し込み→カード発行までの流れ
公式HPから必要事項を入力して申し込み

公式HPの申し込みフォームに必要事項を入力し、送信します。その際本人確認書類をスマートフォン等のカメラで撮影し、その画像を専用のURLに提出もしくは、メールで送信します。

審査結果が届く

申し込みが完了すると審査が始まります。結果が出るとメールか電話で融資の可否が伝えられます。

自動契約機で契約手続き・カード発行

審査通過後は近くの自動契約機に行きます。自動契約機の中では、基本的にカードの発行と契約書類の記入・提出をするだけなので、申し込みから自動契約機で行うよりスピーディーに契約を済ませることが出来ます。

WEB完結の申し込みの場合カードが郵送で発送されることが多いので、郵送物で家族にカードローン利用がバレたくない人は自動契約機でのカード発行がおすすめです。(自動契約機でカード発行をしても契約書の控えなどが郵送で届く可能性もあります)

休日(土日・祝日)申込みの注意点

ガレオ先生棒指しイラスト休日申込の注意点として、指定信用情報機関に信用情報が登録されていない(一度もカード申込をしたことが無い)と確認のしようが無いことから、土日の借入は認められていないのが一般的です。

しかし、消費者金融会社によっては初めての借入で休日申し込みでも借入可能なところはあります。

それがどこなのかは、申込者の審査状況によっても左右されるのではっきりとは言えませんが、有名大手消費者金融であれば申込者の属性が良い場合、信用情報が該当なし(登録されていない)でも、少額限度額であれば借入できる可能性は高いでしょう。※後日に勤務先の在籍確認が問題なければ通常限度額に変更となります。

平日と土日曜祝日で営業時間が異なる

金融機関の多くは、平日と土日曜祝日で自動契約機の営業時間、審査受付時間などが異なります。

申し込みが完了したのに審査受付時間外で審査をしてもらえないということにならないよう、事前に公式HPなどで調べておくことをおすすめします。

振込融資は出来ないことが多い

本人名義の銀行口座にお金を振り込んでくれる口座振込での融資は、銀行が営業していない土日曜祝日は基本的に出来ません。そのため、土日曜祝日はATMからの借入が基本となります。

ただし、カードローン会社と提携している銀行の中には土日曜祝日でも振込が出来るところもあるので口座振込で融資を受けたい場合は、そのような金融機関を選ぶとよいでしょう。
 
 

関連する記事

カードローン審査に通らない人とはどんな人?
指定信用情報機関とは?カードローンの信用情報
カードローン審査基準とは?申込みに知っておきたい基礎知識
収入証明書不要借りれるカードローンはあるのか?

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。