1. カードローンザウルスTOP
  2. カードローン返済・支払
  3. ≫カードローン一括返済のメリットとは?

カードローン一括返済のメリットとは?

カードローンは、手軽に借入をすることが出来る便利なサービスですが、返済期間が長くなるほど利息の負担が大きくなります。

この利息負担を出来る限り減らしたいという方におすすめなのが「一括返済」です。一括返済をすることでどのようなメリットがあるのでしょうか。

カードローンの返済方法


カードローンの返済は、毎月決められた期日までに決められた金額を返済していく約定返済が基本です。

約定返済日という指定された期日までに、カードローン会社ごとに決められている最少返済額以上の金額を返済していきます。

ただし、約定返済は元金+利息=支払い金額となります。そのため、毎月最少返済額のみの支払いをしていると元金がなかなか減らず、完済までにとても時間がかかります。

少しでも利息の負担を抑えるには2つの方法があります。まず1つ目は、支払い額の全てが元金の返済に充てられる随時返済を約定返済と組み合わせて行うことです。

お金の余裕のある月に随時返済をすることによって元金が減るため、早期完済を目指すことが出来ます。ただし、約定返済は毎月あるため随時返済でお金がなくなって約定返済が出来なくなったということにならないよう注意が必要です。

2つ目は、一括返済をすることです。一括返済とは言葉の通り借入残高と返済日までの利息を一括で返済する方法です。

カードローンの利息は日割りで計算されているため借入期間が長くなるほど利息の負担が大きくなります。そのため、一括返済は一番利息負担が少ない返済方法と言えます。

一括返済をするとどんなメリットがある?

ザウルスくん

貯金が少し貯まってきて残りの借入残高が支払えそうだから利息負担を減らすために一括返済しようかな!

ガレオ先生

早期完済を目指すのはいいことですが、メリットとデメリットをしっかりと把握して自分に合っているか考えてから一括返済をするようにしましょう。

利息の負担が少ない

約定返済で最少返済額のみを返済していると借入残高や返済方式によっては支払い額のほとんどが利息の返済に充てられてしまい、元金が全く減らないということもあります。つまり、返済にかかる時間が長くなってしまうのです。

借入日数が1日でも増えると利息負担が増えていくカードローンは、少しでも早く完済することが重要です。一括返済は約定返済をしていくよりも借入期間が短くなるため、必然的に利息負担が少なくなります。

同じ金額を同じ金利で借入したとしても約定返済を続けていくより一括返済した方が圧倒的に利息負担は少なくて済むのです。また、一括返済によって手数料が発生することはありません。

手数料などの負担が少ない

カードローンの返済では、業者や返済方法によって異なりますが振込手数料ATM利用手数料がかかることがあります。

この手数料は、返済する度にかかってくるため返済の回数が増えるほど手数料の負担が大きくなります。1回の手数料はそれほど高額ではないため、気にしていない人も多いですが何度も利用していると大きな負担となります。

一括返済をすることで、この手数料の負担を減らすことができるのです。

ローン審査に有利になる

一括返済をするとカードローン会社からは優良顧客と判断され、信用情報にもプラスな情報が履歴として残ります。

信用情報は、カードローンの審査だけではなくクレジットカードの審査や住宅ローンなどの各種ローン審査でも確認されるため、有利に働く可能性があります。

一括返済にデメリットはあるの?

返済方法が限られる

カードローンは、提携ATMやネットバンクから簡単に返済出来る点が魅力の1つです。しかし、一括返済の場合借入残高と利息を合わせて1円単位で返済する必要があるため返済方法が限られてしまうのです。

銀行の自社ATMなどは1円単位で取引が出来るところもありますが、コンビニATMは出来ないところがほとんどです。

また、業者の中には一括返済は窓口でしか受け付けていないところもあるため、少し手間がかかります。

急な出費に対応出来ない

一括返済は、必然的に手元の現金が減ってしまいます。貯金にかなり余裕がある方は問題ないかと思いますが、急に自分や家族が病気になった場合や冠婚葬祭の予定が入ってしまった場合に手元に現金がないというのはかなりリスクが高いです。

一括返済をしてしまうと貯金がほとんどなくなってしまうという方には一括返済はおすすめ出来ません。随時返済を積極的にしていくだけでも利息の負担は格段に減りますので、計画的に随時返済をして早期完済を目指しましょう。

一括返済のポイント

  • 返済予定日を決めておく
  • 返済額の確認しておく
  • 返済方法を確認しておく

一括返済は、返済日に応じて利息が変わってきます。基本的には自分の好きなタイミングで返済をすることが出来ますので、まずは返済する日を決めておきましょう。

そして、特に重要なのは返済額と返済方法の確認です。一番確実な方法はカードローン会社のサポートデスクに「一括返済がしたい」と電話をして確認する方法です。

カードローン会社によっては会員サイトにログインして確認できるところもありますが、わからないことを質問することができるため不安がある方は電話の方がおすすめです。

また、一括返済後も解約しない限り契約は続きます。もう借入をする予定のない方は解約手続きも忘れないようにしましょう。

おまとめローンの一括返済

ガレオ先生棒指しイラストおまとめローンとは、複数社からの借入を1つにまとめるローンのことです。つまり、おまとめローンを契約して借入したお金で他社借入分の一括返済を行い、ローンを一本化するということになります。

基本的に一括返済の方法は変わりませんが、おまとめローンの中には完済証明書利用明細書の提出を求められることもあります。また、おまとめローンで一括返済した場合でもカードローン自体は解約されませんので、持っていると借りてしまいそうという方は解約しておくと良いでしょう。

大手消費者金融一括返済方法

プロミス

プロミスで一括返済をする場合にはまずプロミスコールに電話をする必要があります。返済日を伝えて返済金額を確認したら下記いずれかの返済方法で返済をします。

  1. プロミスのATM・コンビニ等提携ATM
  2. 銀行振込(インターネットバンキングも利用可)
  3. 店頭窓口(お客様サービスプラザ)

アイフル

会員専用ダイヤルで一括返済に必要な金額を確認して、下記いずれかの方法で返済をします。

  1. 店頭窓口
  2. 銀行振込
  3. アイフルのATM・提携ATM

提携ATMで硬貨が扱えなかった場合はおつりを店頭窓口、銀行振込、郵送で返却されます。

また、一括返済後は会員専用ダイヤルに連絡をして契約書の取り扱い選択をすることが出来ます。解約する場合はWEBからの申し込みを除いて契約書が返却されます。

アコム

アコムの返済金額はインターネットの会員ページ、ATM、自動音声電話、店頭窓口、自宅に送られてくる利用明細書から確認することが出来ます。返済は下記いずれかの方法で行います。

  1. アコムのATM・提携ATM
  2. 銀行振込
  3. 店頭窓口
  4. インターネット返済

ATMでの返済時に硬貨が使用できなかった倍、銀行振込か店頭窓口でおつりを受け取ります。また、ATMでの返済では1,000円単位の取引となるため、1,000円以下の端数は無利息残高となります。

無利息残高とは利息や手数料がかからないお金のことです。返却しなくても利息が付かないため損にはなりませんが、ずっと借入している状態になるためこの残金を払うまでは解約できません。

無利息残高を残したくない場合は、ATMから余分に返済をしておつりを返してもらうか無利息残高を店頭に支払いに行くことになります。

モビット

モビットのコールセンターに電話をして返済額を確認します。その後下記いずれかの方法で返済をします。

  1. 口座振替
  2. 銀行振込
  3. 提携ATM

口座振替では、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の口座のみの対応となります。
 
 

関連する記事

カードローンの返済方法の種類
カードローンの返済はより多く、より早く支払うのが基本

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。