1. カードローンザウルスTOP
  2. みずほ銀行カードローン
  3. ≫みずほ銀行カードローンのメリット・デメリット

みずほ銀行カードローンのメリット・デメリット

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行と並ぶ日本三大メガバンクの一つ「みずほ銀行」のカードローンは、限度額が高く低金利で有名です。また、手続きも簡単でWEB完結の申込方法を選択すると、来店する必要がありません。

みずほ銀行の口座開設が必須となりますが、既に持っている人は、みずほ銀行のキャッシュカードをそのままカードローンにも使用することが出来ます。

みずほ銀行カードローンの利用条件

ガレオ先生棒指しイラスト
1.契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
2.安定かつ継続した収入の見込める方
3.保証会社の保証を受けられる方
 

みずほ銀行のカードローンは年齢条件の範囲内で継続的に安定した収入がある方は、自営業、派遣社員、パート・アルバイトでも申し込みが可能です。

どんなメリットがあるの?

最大限度額が業界トップクラス

利用限度額は10万円~800万円の中で希望を出すことが出来ます。これは、銀行カードローンの中でも比較的大きい限度額です。利用目的は定められていないため、自由に使う事が出来ます。

金利が低い

みずほ銀行には以前2種類のカードローンがありましたが現在は廃止され、プランが一本化されています。現在の金利は、年2.0%~14.0%で定められています。

利用限度額
金利
金利引き下げ
10万円以上100万円未満
年14.0%
年13.5%
100万円以上200万円未満
年12.0%
年11.5%
200万円以上300万円未満
年9.0%
年8.5%
300万円以上400万円未満
年7.0%
年6.5%
400万円以上500万円未満
年6.0%
年5.5%
500万円以上600万円未満
年5.0%
年4.5%
600万円以上800万円未満
年4.5%
年4.0%
800万円
年2.0%
年1.5%

みずほ銀行で住宅ローンを利用している場合、カードローンの金利が年0.5%引き下げられます。そのため、引き下げ適用後は金利が年1.5%~13.5%となります。

金利上限14.0%という金利は他の銀行カードローンと比べても低い方で、安心して利用することが出来ます。

WEB完結申し込みが可能

WEBからの申し込みは24時間可能です。WEB完結という申し込み方法を選択すると、来店不要で申し込みが完了します。

デメリットはあるの?

みずほ銀行の口座が必要

みずほ銀行の口座を持っていることが利用条件となっています。従って、口座の無い人は新たに口座を開設しなければならないため、借入をするのに2~3週間かかります。また、他のメガバンクと違って自動契約機が無いのもデメリットの1つです。

ATMの利用手数料がかかる

銀行カードローンにしては珍しく、一部の例外を除いて、ATMの手数料が有料になっています。(※月4回まで手数料無料)

申込~借入までの流れは?

パソコン・スマホなどのインターネット、郵送、電話、窓口で申し込みが出来ます。今回は、インターネットを利用したWEB申し込みの流れをご紹介します。

みずほ銀行の口座を持っている人
申し込み

公式サイトの申し込みページで「みずほ銀行口座をお持ちの方はこちら」を選択し、申し込みフォームに必要事項を入力します。入力後送信すると申し込みは完了です。

審査

入力した情報に基づき、保証会社であるオリエントコーポレーションが審査を進めます。まず、仮審査の結果が申し込み時に登録したメールアドレスに送られてきます。

仮審査の結果と一緒に必要書類登録用URLが送られてきます。下記の必要書類をスマートフォンのカメラなどで撮影し、登録用URLに登録するだけで提出完了となります。提出した資料を基に保証会社は本審査を始めます。
 
●本人確認書類
(運転免許証、各種健康保険証など)
●収入証明書
(源泉徴収票、住民税決定通知書など)
 
それぞれ1点ずつコピーでの提出が必要です。(※収入証明書は借入希望額が50万円以下の場合は不要)

契約完了・利用開始

審査が通過すると契約完了のメールが届きます。メールが届き次第手元にあるみずほ銀行のキャッシュカードで融資を受けることが出来ます。


みずほ銀行の口座を持っていない人
申し込み

公式サイトの申し込みページで「みずほ銀行口座をお持ちでない方はこちら」を選択し、申し込みフォームに必要事項を入力します。口座を持っていない場合は、申し込みフォーム入力の時点で必要書類を準備・登録する必要があります。

申し込みと同時に口座開設をする時には、本人確認書類として運転免許証が必要です。もし、運転免許証が無い場合はカードローン申し込みと同時に口座開設申し込みが出来ませんので、別途手続きが必要となります。

審査

申し込み完了後は保証会社が審査を進めます。審査が通過すると契約完了メールが申し込み時に入力したメールアドレスに送られて来ます。

契約完了・利用開始

契約完了後1~2週間で通帳がみずほ銀行から郵送されてきます。通帳を受け取ったことをみずほ銀行が確認すると、カードローン口座が開設されて、後日カードが郵送されます。カードが届き次第、カードローンが利用出来ます。

みずほ銀行カードローン
2種類のカード

みずほ銀行のカードローンには「キャッシュカード兼用型」「カードローン専用型」の2種類があり、希望のカードを選択できます。

キャッシュカード兼用型

みずほ銀行の普通預金キャッシュカードにカードローンの機能を付けたカードです。審査通過後、いつも使っているキャッシュカードでカードローンを利用出来るため、口座をすでに持っている人は最短で即日融資を受けることも出来ます。

また、兼用型は「自動貸越機能」「自動融資サービス」の2つのサービスを受けることができます。

カードローン専用型

契約手続き完了後、カードローン専用カードが新しく発行されます。専用のカードは契約手続き完了後1~2週間程度かかります。それまでATMからの借入が出来ないため、急ぎの方にはおすすめ出来ませんが、カードローンとキャッシュカードを分けたい人にはおすすめです。専用型は別途申し込みをすることで、「スイングサービス」を利用することが出来ます。

自動貸越機能と
スイングサービスとは?

自動貸越機能

キャッシュカードを使って現金を引き出したいのに口座残高が不足していた時に、カードローンの限度額内でカードローン口座から自動的に不足分が融資してもらえるサービスです。

便利な機能ではありますが、気づかないうちに多額の融資を受けているということにならないようにしっかりと管理をすることが重要です。

スイングサービス

スイングサービスは「自動融資サービス」「自動振替サービス」の2つがあります。

自動融資サービスとは公共料金やクレジットカードの支払いで口座残高が不足していた場合にカードローンの限度額内で不足額を自動的に融資してもらえるサービスです。

自動振替サービスは、カードローン口座へカードで入金をして残高がプラスになった場合にプラスになった分を自動的に普通預金口座に入金するサービスです。

キャッシュカード兼用型は自動貸越機能と自動融資サービスが元々付いていますが、別途申し込みをすると自動融資サービスを受けることも可能です。

どうやってお金を借りるの?


カードローン契約手続き完了後はATMからお金を借りることが出来ます。みずほ銀行、セブン銀行、イーネットマークのあるコンビニATMで利用可能です。中には24時間借入が可能なATMもあります。

カードローン専用型のカードを利用している場合に限り、ゆうちょ銀行やその他提携金融機関での利用が出来ます。

ATM手数料
みずほ銀行ATMの平日8時15分~18時までは手数料がかかりませんがそれ以外の時間帯と提携ATMは全て有料となり、108円~216円の手数料がかかります。1回の負担はそれほど大きくないですが、何度も利用していると大きな負担になってしまうので、可能な限り無料の時間帯に利用するようにしましょう。

「みずほダイレクト」に登録していると、24時間いつでもインターネットを通じてカードローンから預金口座への入金・口座からの返済の手続きができます。

返済はどのようにするの?

毎月10日に口座から自動引き落としされて返済する約定返済と、自分の好きなタイミングで好きな金額を返済する随時返済で返済していきます。メガバンクの中で唯一ATMからの返済を受け付けておらず、みずほ銀行口座からの引き落としのみとなっています。

返済はいつから始まるの?

ガレオ先生ポイントイラストみずほ銀行のカードローンは、毎月10日が締め日となっています。そのため、10日までの借入残高で次の月の返済額が決まってきます。
①9月10日に借入残高あり→初回返済10月10日
②9月11日に初回借入→初回返済11月10日

みずほ銀行は、残高スライド方式という返済方式を採用しています。残高スライド方式とは、借入残高に応じて毎月の返済金額が変動する返済方式です。返済が進み借入残高が減っていくと毎月の返済額も減っていきます。

利用限度額が200万円未満の場合

前月10日までの利用残高
毎月の返済額
1万円未満
前月10日現在の利用残高
1万円以上~50万円以下
1万円
50万円超~100万円以下
2万円
100万円超
利用残高が50万円増すごとに1万円ずつ追加

利用限度額が200万円以上の場合

前月10日までの利用残高
毎月の返済額
1万円未満
前月10日現在の利用残高
1万円以上~100万円以下
1万円
100万円超~200万円以下
2万円
200万円超
利用残高が100万円増すごとに1万円ずつ追加

約定返済だけでは返済が長期化してしまい、利息の負担が大きくなってしまいます。利息の負担を少しでも減らして早期完済を目指すには、随時返済が有効です。

随時返済はATMやみずほダイレクトから返済することができ、全て元金の返済に充てられます。お金に余裕がある月に活用することで早期完済を目指すことも可能です。

しかし、毎月10日には必ず約定返済があるので注意しましょう。もし随時返済で無理をして約定返済が出来なかった場合返済遅延となります。

返済が遅れたらどうなるの?

返済遅延となった場合遅延障害金が発生します。遅延障害金とは罰金のようなものでみずほ銀行の場合遅延損害利率19.90%に設定されています。下記の計算式で日割計算され、遅延解消されるまでの日数分を借入返済額や利息に上乗せして支払いすることになります。

元金×延滞利率(19.90%)×延滞日数÷365

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。