1. カードローンザウルスTOP
  2. プロミス
  3. ≫プロミス30日間無利息の特徴とメリット・デメリット

プロミス30日間無利息の特徴とメリット・デメリット

プロミスの特徴イメージ画像

初心者マークイラストプロミスの商品内容

ご融資額 1~500万円
ご契約額 お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、プロミスが決定した金額
金利適用方式 単一金利
借入利率 4.5%~17.8%(実質年率)
※新規契約の方が対象となります。
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
ご返済期日 5日、15日、25日、末日の中から、お客さまのご都合にあわせてお選びいただけます。
※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替によるご返済を希望される場合、ご返済期日は5日となります。
ご返済期間・ご返済回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
お申込みいただける方 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。
資金使途 生計費に限ります。
(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります)
担保・保証人 不要

プロミスの歴史

プロミスはアコムとともに消費者金融業としての歴史が長く、貸付金残高においても毎年アコムとトップ争いをしています。

そのプロミスが、他の大手消費者金融同様、過払い金問題などで経営難に陥り、現在ではSMBCグループの子会社として名前も「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」に変わっています。

従って、プロミスというのは社名ではなく、カードローンのブランド名になります。ただ、大手都市銀行の子会社となったことで、信頼性は以前より向上しています。

プロミスのメリット

プロミスカードローンのメリットに挙げられるのは、メールアドレス登録とWEB利用明細の登録で30日間の無利息サービスがあることです。

しかも、カードローンの契約日ではなく、借入をした日から無利息期間が始まるため、30日間をフルに活用できます。(アコムでは契約日から30日間金利0円となっているので、契約日に借入をしないと無利息期間が短くなってしまいます。)

check【プロミスの30日間無利息サービスとは?】
プロミスとはじめてご契約いただく際、Eメールアドレス登録と、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択いただいた方にカードローンを30日間無利息でご利用いただけるサービスです。


※画像はプロミス公式サイトより抜粋
例えば他の消費者金融より50万円を実質年率18.0%で借りた場合、30日間の利息は、
500,000×0.18÷365×30=7,397円となりますが、プロミスならば30日間は無利息なので利息は0円となります!
ポイントイラスト30日以内に完済して、再度利用した場合も無利息になります!

※画像はプロミス公式サイトより抜粋
30日間無利息サービスは完済したら終了になることは無く、30日以内の再利用であれば無利息となるので安心して利用することができます。

WEB完結の申し込みでカードレスも可能!

プロミスは、ローンカードを発行せず借入が出来るカードレスのサービスがあり、申し込み・契約は全てパソコンやスマートフォンで完了するWEB完結が利用出来ます。
※画像はプロミス公式サイトより抜粋

通常のカードローンはWEB完結の申し込み方法でもカードや契約書が郵送されてきたり急ぎの場合は自動契約機でカード発行や契約書提出をする必要があります。

しかし、プロミスのカードレスの場合はカードを発行しに行く手間がかからないうえに郵送物が届くこともありません。また、後日カードが必要になった場合はローンカードの発行をすることも出来ます。

カードレスのデメリットとしては、返済方法が口座振替に限られる点です。プロミスで口座振替での返済が可能な金融機関の口座が必要となります。

具体的には下記の金融機関の口座から口座振替での返済が可能です。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行
  • 各地方銀行 など

自分が持っている口座が利用可能かを公式HPで確認してから申し込みをするようにしましょう。

また、カードレスローンはスマホATM取引が開始したことによりさらに便利に利用できるようになりました。カード発行なし、郵送物なしで利用できるカードレスローンは家族や周囲に内緒で借入をしたいという人にはおすすめです。

スマホATM取引サービスとは?

ガレオ先生ポイントイラスト以前までカードレスのローンはカードが無いためローンカードを使ってATMから簡単にお金を引き出すことが出来ず、急ぎの場合でもカードローン会社に振込依頼をして自分の口座に振込融資をしてもらうしか借入の方法がありませんでした。

しかし2017年10月、プロミスはセブン銀行と提携してスマートフォンとセブン銀行ATMを用いて取引が出来るスマホATM取引サービスが開始され、全国23,000台あるセブン銀行のATMからスマートフォンを使って借入や返済などの取引が出来るようになりました。

ATM手数料がかかる点はデメリットとなりますが、今まで夜間や休日の借入・返済が困難だったカードレスのローンがほぼ24時間(0時10分~23時50分)借入や返済が可能となったためカードレスローンの利便性はかなりあがりました。

ポイントサービスで無利息やATM手数料無料と交換可能!

プロミスはインターネットサービスを利用するごとに貯まるポイントがあります。ポイントが一定数貯まると、「無利息期間」や「ATM手数料・無料」サービスと交換できます。

対象サービス 獲得ポイント数 条件
プロミスポイントサービス申込※1 100ポイント 初回登録時のみ、ポイント獲得となります。
プロミスインターネット会員
サービスログイン
10ポイント 毎月初回ログイン時のみ、ポイント獲得となります。
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5~20ポイント プロミスからのお知らせ内には、ポイント獲得対象となるものとならないものがあります。ポイント獲得対象となるお知らせにはお知らせ内に獲得ポイント数を記載します。
収入証明書類の提出※2 160ポイント 収入証明書類をご提出いただいた場合に、ポイント獲得となります。
ご返済日お知らせメール 各1ポイント 毎月月末時点で対象サービスのご利用をご登録いただいている場合に、各サービスにつき1ポイント獲得となります。
取引確認メール
パソコンまたはケータイによる書面の受取

※1 お取引状況によっては、プロミスポイントサービスにお申込みいただけない場合がございます。
※2 同年中(1月1日~12月31日)の書類については、原則として、初回のみポイント獲得となります。
そして、プロミスはインターネットの利用が進んでおり、申込から借入、返済まで、すべての処理をホームページ上で行うことができます。

借入はホームページにある会員サイトから「振込キャッシング」の依頼ができ、「振込キャッシング」というのは、自分の保有している銀行口座を振込先口座に指定すると、借入金を即時に振り込んでもらえるサービスのことです。

従って、コンビニATMに行く必要がなく、振込手数料も掛かりません。なお、振込先を三井住友銀行かジャパンネット銀行に指定すると「瞬フリ」が利用でき、休日や夜中に関わらず、借入の申込に対して瞬時に借入金を口座に振り込んでもらえます。

ポイントイラスト【プロミスの会員サービス瞬フリとは?】
プロミスの瞬フリとは、パソコン・ケータイ・スマートフォンから、24時間365日、自分の口座へ振込キャッシングできるサービスです。
三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間最短10秒で口座へ瞬時に振込みする「瞬フリ」を利用することができます。

三井住友銀行口座の受付時間と振込実施時間

曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
月~金 0:00~24:00
24時間受付
瞬フリ
受付完了から最短10秒
毎週日曜日21時~翌月曜日7時
元日は終日サービス停止します
土・日・祝日

ジャパンネット銀行口座の受付時間と振込実施時間

曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
月~金 0:00~24:00
24時間受付
瞬フリ
受付完了から最短10秒
毎週月曜日0時~7時
毎月第3金曜日22時50分
~翌土曜日7時
元日は終日サービス停止します
土・日・祝日

その他銀行口座の受付時間と振込実施時間

曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
月~金 0:00~9:00 当日9:30頃 毎週月曜日0時~7時
元日は終日サービス停止します
9:00~14:50 振込キャッシング
受付完了から最短10秒
14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

プロミスの瞬フリのメリットはなんと言っても24時間365日最短10秒で自分の銀行口座に振込ができることです。他の消費者金融では銀行営業時間内でしか振込融資を受けられない場合でもプロミスなら土日祝日でも深夜でもいつでも瞬時に振込で借入が可能です!
そして振込手数料は無料!、急な出費の時でも簡単な操作で借入ができます。瞬フリを利用するには三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が必要ですが、かなり便利なサービスなのでプロミスを利用するなら口座を持っていない人は口座開設する方が断然にメリットがあると言えます。

また、返済に関しても、会員サイトを通して提携銀行のインターネットバンキングによる振込返済が利用できます。

従って、旅先にいた時でも、ATMを探さずに返済ができます。インターネットなので当然、24時間365日いつでも返済ができますし、振込手数料も無料です。

さらに、手数料の要らない返済方法として、「Loppi(ローソン)」や「Famiポート(ファミリーマート)」などコンビニのマルチメディア端末を使った返済にも対応しています。

ところで、会社勤めの人はカードローンに申し込めるのが仕事帰りか、休日になるケースが多いため、プロミスでは自動契約機を数多く設置しており、平日に関わらず土日曜でも21時までカードローンの申込を受け付けています。

プロミスのデメリット

プロミスのデメリットはコンビニATMを利用すると他の消費者金融カードローン同様、手数料が掛かることです。

お取引額 お借入時 ご返済時
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

銀行カードローンでは提携ATM手数料が無料に対し、消費者金融ではほとんどがATM手数料を取られます。プロミスでは三井住友銀行ATMは終日無料で利用できるので他の消費者金融に比べれば優れているのですが、コンビニATMでは借入・返済ごとに手数料がとられてしまいます。

数百円の手数料ですが、これは金利換算にすれば非常に高く、例えば2万円をプロミスより実質年率17.8%で借りた場合、30日間利用した利息は、292円です。

しかし、これをコンビニATMより2万円返済した場合、216円の手数料を取られるわけです。30日間利用した利息が292円のため、仮に10日間だけの利用だったら、97円の利息に対し、倍以上の216円のATM手数料が取られてしまうのです。

ATM手数料有料がプロミスのデメリットとして挙げましたが、先ほども書いたように、消費者金融ではATM手数料はどこでも有料となっているので、プロミスだけのデメリットとは言えません。

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニATMを頻繁に利用する人ならば、消費者金融よりも銀行カードローンで借りた方がメリットは非常に高くなると言えます。

おまとめローン・借り換えローンはあまり軽減にならない?

プロミスではおまとめローン・借り換えローンも取り扱われていますが、銀行カードローンの金利と比較した場合、そこまで金利が軽減になることは少ないと言えます。

銀行カードローンでは上限金利が15%未満になっている場合が多く、消費者金融では上限金利17%~18%となっているので、金利だけで見ればあまりメリットは無いのが正直なところです。

しかし、プロミスではメールアドレス登録とWEB利用明細の登録によって、30日間無利息サービスがありますので、おまとめ・借り換えでも短期だけの利用であれば、1か月分(30日間)は利息0円になることから利用するメリットはあります。

おまとめ・借り換えで長期的に返済するのであれば、やはり金利が低い銀行カードローンの方が総合的に見れば良いと言えるでしょう。

プロミスの総評

プロミス 金利
(実質年率)
限度額 審査時間 即日融資 専業主婦
◯×
特徴 4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分 ※可能 不可
星評価 星2個 星4個 星5個 星5個 星05個

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が条件です。
ガレオ先生棒指しイラスト
プロミスは消費者金融の為、銀行カードローンと比較すれば金利はどうしても高めになっていますが、その分審査時間と即日融資はカードローンの中でもトップクラスのスピードです。

審査時間は正式審査回答まで最短30分!平日14時までにWEB契約完了すれば即日融資も可能です!消費者金融では収入が無い専業主婦は融資できませんが、パート・アルバイトで安定的な収入があれば女性でも借入は可能となっています。

メールアドレス登録とWEB利用明細登録で30日間無利息サービスもあり、キャッシングでは人気・知名度ともにNo.1と言って良いでしょう。最短10秒で振込完了の瞬フリをはじめ、三井住友銀行ATM手数料は無料など会員サービスはどこよりも充実しています。きっと誰もが満足できるカードローンです。

 
▲目次にもどる
 

関連する記事

プロミス独自のサービスや特徴的なサービス
モビットの特徴とメリット・デメリット
プロミスで在籍確認なし・自宅郵送なしで借りられるのか?

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。