1. カードローンザウルスTOP
  2. カードローン審査
  3. ≫自己破産後にカードローンの審査に通るには?

自己破産後にカードローンの審査に通るには?

自己破産とは、借金の返済が出来なくなった場合に裁判所を通して借金の返済を免除してもらう手続きです。

過去に自己破産をしていると、今後カードローンの審査に通ることは難しいと思ってしまいますが、ポイントを押さえて審査を受けると審査に通る可能性があります。では、自己破産した人がカードローンの審査を受ける時にはどのような点に注意したらよいのでしょうか。

自己破産記録はどこに残るの?

自己破産の手続きをすると、「信用情報機関」「官報」に情報が登録されます。この2つはどのような機関でカードローンの審査にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

信用情報機関

信用情報機関とは、カードローン審査で必ず確認される個人信用情報を収集・管理・提供している機関です。現在日本には3つの信用情報機関があり、日本の金融機関はその中から1つ以上の信用情報機関に必ず加盟しています。

また、3つの信用情報機関は情報を共有しているため、加盟している信用情報機関が異なる場合でも過去の記録が審査時には全て確認されます。そして、自己破産の記録は信用情報機関によって保管期間が異なり、それぞれの保管期間は下記の通りです。

  • CIC(株式会社シー・アイ・シー):5年間
  • JICC(株式会社日本信用情報機構):5年間
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター):10年間

信用情報機関で自己破産記録が残されている間は、カードローンを始めとする各種ローンやクレジットカードなどの審査に通りません。

官報

官報とは、政府や省庁の決定事項などが記載された国が発行している新聞のようなものです。そして、官報には自己破産や個人再生をした人の情報も記載されています。

ザウルスくん

信用情報では5~10年で自己破産の記録が消えるけど、官報に記載された情報は何年で消えるの?

ガレオ先生

官報は国の公文書扱いとなるため、信用情報とは異なり消えることはありません。

自己破産した場合は自己破産手続きの開始が決定した時免責許可決定した時の2回、破産者の氏名と住所が記載されます。

また、この官報は実は誰でも見ることが出来ます。しかし、一般の方で官報を見ている人はほとんどいませんし、消費者金融の審査担当者は信用情報を確認することはあっても官報を確認することはほとんどないので、あまり心配する必要はないでしょう。

自己破産したらもう審査に通ることはない?

自己破産をしてしまうと今後カードローンで借入をすることが出来ないのかというとそういうことではありません。

もちろん自己破産直後に借入することは出来ませんが、先ほども述べたように信用情報の記録は5~10年で消えます。また、カードローンの審査で官報まで確認する人はほとんどいません。つまり、自己破産後に信用情報の記録が消えると審査に通る可能性は十分にあります。

ただし、信用情報から自己破産の記録が消えたからといって必ずしも審査に通るわけではありません。どのような点に注意する必要があるのでしょうか。

自己破産時に契約していた金融機関は避ける

自己破産の手続きをした際に借入をしていた金融機関には「返済が出来なかった人」として記録が残ります。このような記録が残ることを「社内ブラック」といい、社内ブラックは半永久的に記録が残ってしまうのです。

つまり、自己破産から5~10年経過して信用情報から記録が消えたとしても、自己破産時に借入をしていた金融機関の社内情報には自己破産の記録が残っているため審査に通ることはありません。

また、銀行カードローンは審査の際に官報を確認するところも多いため自己破産後には審査に通らない場合が多いでしょう。

必要最低限の希望借入額で申し込みをする

カードローンの申し込み時には必ず希望借入額を入力します。この希望借入金額は低いほど審査に通りやすくなります。

また、借入限度額は返済をしっかりしていると増額をしてもらえる可能性があります。そのため、まずは必要最低限の限度額で借入をしてさらに必要になった場合に増額をしてもらうことがおすすめです。

スーパホワイトに注意

信用情報にローンやクレジットの利用履歴が全くない人をスーパーホワイトと言います。また、自己破産をして一定期間経過後に信用情報の自己破産記録が消えた人もスーパーホワイトの状態です。

つまり、本当にローン利用履歴が無い人も、自己破産記録が信用情報から消えた人も同じくスーパーホワイトになるということです。20代前半のスーパーホワイトは問題ありませんが、30代のスーパーホワイトは審査担当者も「自己破産したのではないか」と疑って審査をします。

この場合審査に通りにくくなってしまうので、自己破産記録が消えてからすぐに申し込みをするのではなく、クレジットヒストリーを少し作ってから申し込みをするようにしましょう。一番おすすめの方法は携帯電話の機種代金の支払いです。

信用情報はカードローンやクレジットカードの契約・借入の他に携帯電話の機種代金分割支払いの契約・支払い情報も記載されています。そのため、携帯電話の機種代金を分割払いにしてしっかりと返済をしているとスーパーホワイトから抜け出すことができる上に信用度が上がり、審査に通る可能性が高いです。

ただし、支払いを滞納してしまった場合、その情報も信用情報に記録されることになりカードローンの審査に通らなくなってしまうので注意しましょう。

中小消費者金融業者の利用を検討する

信用情報から記録が消えた後でも、大手の消費者金融では借入が出来ない可能性があります。その場合は、中小消費者金融からの借入を検討してみましょう。

私たちが普段テレビCMなどで見ているのはほとんどが大手消費者金融です。そのため、聞いたことのない企業からお金を借りるのは少し抵抗があるかもしれません。もちろん全てが安全な会社ではありませんが、優良な中小消費者金融は利用者の相談を親身に聞いてくれて借入や返済の相談が出来るところもあります。

大手消費者金融より若干金利が高かったり、申し込みや借入・返済などは大手ほど便利ではありませんが、自己破産経験者でも借入出来る可能性があります。

闇金業者に注意!

闇金業者とは、貸金業法を無視して高金利で貸し付けを行っている違法業者です。自己破産をすると、闇金業者を利用したことがなくてもDMが郵送されてきたり、電話がかかってくることがあります。

なぜ利用したこともないのにDMが送られてきたり電話がかかってくるのかというと、闇金業者は官報を確認しているからです。官報には先ほど述べたように自己破産した人の名前と住所が記載されています。

この情報を基に自己破産した人に宛ててDMを発送したり電話をかけたりします。つまり、自己破産をしてどこからも借入出来なくなった人に「お金を貸せますよ」という連絡をするのです。

お金に困っている時は判断が鈍ってしまいますが、闇金からお金を借りることはとてもリスクが大きく、一度借りてしまうと抜け出せなくなってしまうことがほとんどです。

闇金は中小消費者金融に紛れていることもありますので、利用する際は必ず違法ではないことを確認してから申し込みをするようにしましょう。

 
 

関連する記事

カードローン審査に通らない人とはどんな人?
指定信用情報機関とは?カードローン信用情報の内容と登録期間

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。