1. カードローンザウルスTOP
  2. カードローン返済・支払
  3. ≫三井住友銀行カードローンの返済方法

三井住友銀行カードローンの返済方法


三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンならではの低金利で借入をすることが出来ますが、返済が長期化してしまうと利息負担がかさんでしまいます。

また、返済方法によっては手数料がかかる場合もあります。賢くカードローンを利用するためには、返済方法を確認してしっかりと返済計画を立てておくことが重要です。

三井住友銀行カードローン3つの返済方法

三井住友銀行カードローンの返済方法は、下記の3つから選択することが出来ます。

  • 口座振替
  • ATM
  • 銀行振込

口座振替

口座振替は、返済日になると自動的に最少返済額が口座から引き落としされる返済方法で、三井住友銀行の口座を持っている方のみが選択出来ます。

うっかり返済日を忘れてしまった場合でも口座に残高が入っていると返済が出来るため口座を持っている人にはおすすめです。また、口座振替での返済は手数料もかかりません。

口座振替の注意点は、返済日に残高不足だと返済遅延となってしまうことです。もし残高不足だった場合は、一旦口座に入っているお金が全額引き落とされます。

例えば、最少返済額が1万円で口座残高が7,000円だった場合、まずは7,000円が引き落としされるということです。

そして、残りの3,000円はATMか銀行振込で返済を行うことになります。また、この残額の返済が行われるまでは返済遅延の扱いとなり、追加の借入が出来なくなりますので注意しましょう。

残高不足で返済遅延にならないために、給料の振込先を三井住友銀行の口座にしておくことも対策の1つとして有効です。

ATM

三井住友銀行の口座を持っていない場合は、ATMから返済を行います。

返済で利用できるATM

  • 三井住友銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょATM

上記のATMは全て手数料無料で利用可能です。ただし、ゆうちょ銀行ATMはローン専用カードのみが利用可能となっており、キャッシュ兼用カードでの利用は出来ません。

返済日にATMまで行く必要があるため多少手間はかかりますが、コンビニATMからも手数料無料で返済が出来るうえにゆうちょ銀行以外のATMは24時間利用出来るためとても便利です。

銀行振込

銀行振込は、指定の口座に返済金額を入金する返済方法です。銀行振込での返済も、三井住友銀行の口座を持っていなくても選択可能です。

ただし、銀行振込は手数料が発生します。1回の手数料はそれほど大きな金額ではありませんが、何度も返済を行っていく場合大きな負担となります。

また、返済額以外のお金を支払うことになるためとてももったいないです。

そのため、三井住友銀行の口座を持っていない方はATMからの返済、持っている方は口座振替での返済がおすすめです。

返済日は4つから選べます

カードローンの返済は、基本的に約定返済といって決められた日に決められた金額を返済していきます。

三井住友銀行カードローンは、この約定返済日を「毎月5日」「毎月15日」「毎月25日」「毎月月末」の4つから選択することが出来ます。

もし、選択した約定返済日が休日の場合は、銀行の翌営業日が返済日となります。

約定返済日に「給料日前だからお金がなくて返済が出来ない」ということを防ぐために給料日後の日にちを選択しておくと良いでしょう。

毎月いくらずつ返済していくの?

約定返済で支払いする最少返済額は、カードローン会社ごとに決められています。

三井住友銀行カードローンの返済方式は「残高スライド元利定額方式」で、借入残高によって返済金額が変動していきます。

三井住友銀行カードローンの最少返済額は下記の通りです。

借入残高
最少返済額
1円~1,999円
借入残高全額
2,000円以上~10万円以下
2,000円
10万円超~20万円以下
4,000円
20万円超~30万円以下
6,000円
30万円超~40万円以下
8,000円
40万円超~50万円以下
10,000円
50万円超~300万円以下
借入残高が10万円増すごとに
1,000円を追加
300万円超~350万円以下
40,000円
350万円超~500万円以下
借入残高が50万円増すごとに
5,000円を追加
500万円超~600万円以下
60,000円
600万円超~800万円
借入残高が100万円増すごとに
5,000円を追加

返済が遅れるとどうなるの?

返済が遅れてしまった場合や、遅れそうな場合は発覚した時点で三井住友銀行カードローンプラザに電話連絡をするようにしましょう。

カードローンプラザの受付時間は9時~21時まで(1/1を除く・土日祝日を含む)です。

三井住友銀行カードローンプラザ
0120-923-923

カードローンプラザに連絡をしたら遅れた理由確実に返済出来る日を担当者に伝えましょう。返済日の延期や返済金額の相談に乗ってくれます。

また、返済が遅れると催促の電話がかかってきます。催促の電話は怒られたり脅されたりすることは一切ありません。放置すると繰り返し電話がかかってくるので必ず出るようにしましょう。

この催促の電話でも、遅れた理由やいつまでに返済出来るかを聞かれます。この時も確実に返済出来る日を伝えて返済日を延ばしてもらえるか相談してみましょう。

返済が遅れた場合の延滞料金はかかる?

返済が遅れると遅延損害金という延滞料金のようなものが発生します。三井住友銀行カードローンの遅延損害利率は年率19.94%です。

元金×遅延損害利率×遅延日数÷365


上記の計算式で遅延損害金が計算され、約定返済日の翌日から支払いが行われるまでの日割りで計算されます。そして、この遅延損害金は支払い時に返済金額と利息に上乗せして支払います。

返済が遅れている間は1日ごとに遅延損害金が増えていき、支払いが行われるまで追加の借入が出来なくなります。遅延が発覚したらなるべく早く支払いを行うようにしましょう。

利息を少しでも減らすためには?

利息負担を少しでも減らすためには、積極的に繰り上げ返済を行うようにしましょう。繰り上げ返済とは、約定返済の追加で行う返済のことです。

約定返済のように金額や返済日が決められていないので好きなタイミングで好きな金額を返済することが出来ます。

また、約定返済では返済額から利息を引いた金額が元金の返済に充てられますが、繰り上げ返済では返済額全てが元金の返済に充てられます。

つまり、積極的に繰り上げ返済を行うことで元金を効率的に減らすことができ、早期完済を目指すことが可能です。

ただし、約定返済は必ず毎月行われますので「繰り上げ返済でお金がなくなってしまい約定返済が出来ない」とならないように注意しましょう。

繰り上げ返済はどのようにするの?

三井住友銀行の口座を持っていない方はATM銀行振込で随時返済を行います。

約定返済の時に最少返済額以上の金額を入金すると自動的に繰り上げとなり、元金の返済に充てられます。

また、繰り上げ返済ではインターネットバンキングから返済が出来ます。三井住友銀行のSMBCダイレクトを利用すると手数料無料で繰り上げ返済が可能です。

約定返済で口座振替を選択していると最少返済額のみが引き落としされ、それ以上の返済を行うことが出来ません。

SMBCダイレクトへの登録が必要となりますが、ATMに出向くことなく繰り上げ返済を行うことが出来るため、三井住友銀行の口座を持っている方は登録しておくと便利でしょう。
 
 

関連する記事

三井住友銀行カードローンのメリット
三井住友銀行の口座開設は自動契約機からがおすすめ!
カードローンの返済はより多く、より早く支払うのが基本
返済が遅れる(滞納)場合の最善の処置とは?

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。