1. カードローンザウルスTOP
  2. 三井住友銀行カードローン
  3. ≫三井住友銀行カードローンのメリット

三井住友銀行カードローンのメリット

商品名
三井住友銀行カードローン
利用限度額
10万円~800万円(10万円単位で選択)
金利
年率4.0%~14.5%
遅延損害金
年率19.94%
返済方式
残高スライド元利定額
担保・保証人
不要

三井住友銀行カードローンの申し込み条件

三井住友銀行の公式サイトには申し込み条件がこのように記載されています。

  • 申し込み時に満20歳以上満69歳以下の方
  • 原則安定した収入のある方
  • 保証会社の保証を受けられる方

三井住友銀行の口座を持っていなくても申し込みをすることができ、契約までに口座開設をする必要もありません。

また、毎月安定した収入がある方はパート・アルバイトでも申し込みが可能です。

保証会社ってなに?

保証会社とは、主に銀行カードローンの審査と利用者が返済出来なくなった場合の代位弁済を行っている会社のことです。

三井住友銀行の保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスという会社で、SMBCグループの子会社です。プロミスというカードローン商品を提供している日本の消費者金融でテレビCMなどで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

ザウルスくん

銀行カードローンに申し込みをしたのになんで消費者金融が審査をするの?消費者金融からお金を借りるってこと?

ガレオ先生

いえ、あくまでも銀行から借入をするための審査を、個人向け融資の知識が豊富な消費者金融が行っているだけです。

審査の他にも利用者が返済不能となった場合には、保証会社が代位弁済をしてくれます。代位弁済とは、第三者が肩代わりをして返済をしてくれることを言います。

この場合銀行には返済が完了していますが、返済を行わなくてもいいというわけではなく保証会社に返済をする必要があります。

三井住友銀行カードローンのメリット

三井住友銀行カードローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

銀行カードローンならではの低金利

三井住友銀行カードローンの金利は年率4.0%~14.5%と銀行カードローンの中では平均的ですが、消費者金融と比べると最高金利が約3.5%ほど低くなっています。

銀行カードローン金利利用限度額
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%800万円
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン1.8%~14.6%500万円
プロミス4.5%~17.8%500万円
SMBCモビット3.0%~18.0%800万円
アコム3.0%~18.0%800万円

カードローンは、基本的に最低金利で借入出来ることはほとんどないため、金利を比較する際は最高金利で比較することがポイントです。

最高金利で比較してみると三井住友銀行は、銀行カードローンならではの低金利で安心して借入することが出来ます。

ATM手数料が無料

三井住友銀行カードローンは、下記のATMが手数料無料で利用出来ます。

  • 三井住友銀行ATM
  • E-netのATM
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょATM

ATMを利用する際には通常108円~216円の利用手数料がかかり、それほど大きな金額ではないものの何度も利用していると負担となります。そのため、コンビニなどのATMから手数料無料で借入や返済が出来るというのはとても便利です。

ただし、ゆうちょ銀行ATMはローン専用カードからの借入残高照会のみとなっています。

また、提携金融ATMでも同じくローン専用カードで借入と残高照会が出来るようになっていますがATM手数料が発生しますので出来るだけ手数料のかからないATMを利用するようにしましょう。

口座開設不要

銀行カードローンはその銀行の口座を持っていることが申し込み条件であったり、申し込み時に持っていなくても契約までに新規口座開設が必要なものがあります。

しかし、三井住友銀行カードローンは申し込み時に口座を持っていなくても申し込みをすることができ、新規口座開設をする必要もありません。

口座開設が必要な銀行カードローンは、融資までに時間と手間がかかってしまうため口座なしで利用出来るのは大きなメリットの1つです。

自動契約機でカード発行

消費者金融などによくある自動契約機ですが、銀行カードローンで自動契約機からカード発行出来るのは三井住友銀行カードローン三菱東京UFJ銀行カードローン新生銀行カードローンレイクの3つのみです。

銀行カードローンは通常契約後に郵送でローンカードが送られてくるため時間がかかりますが、自動契約機は審査通過後にその場でカードを発行することが出来るため借入までの時間を短縮することが出来ます。

またローンカードが郵送されてくることもないため、家族に内緒で借入をしたい人にも自動契約機からのカード発行がおすすめです。

口座を持っていた方が便利?

口座を持っていない人でも申し込みができ、口座開設の必要がない点が三井住友銀行カードローンの大きなメリットの1つですが、持っていないと利用できないサービスがいくつかあります。

  • インターネットバンキングからの借入
  • 口座引き落としでの返済
  • 自動融資機能

口座をもっていないとATMでの借入や返済など利用方法が限られてしまいますが、口座を持っているとインターネットバンキングからの借入口座引き落としでの返済など利用の幅が広がります。

また、自動融資機能というサービスを利用することも出来るようになります。自動融資機能がどのようなサービスかというと、携帯料金やクレジットカード、公共料金の引き落としを忘れていて口座残高が足りなかった場合に、自動融資されて支払いが行われるものです。

自分の知らないところで融資が行われるため気を付けていないとどんどん借入残高が増えていってしまいますが、支払い忘れを防いでくれるため便利なサービスの1つと言えます。

このように、借入や返済の方法が増えるだけでなく自動融資機能などのサービスを利用することも出来るため口座があった方がさらに便利に利用することが出来るでしょう。

申し込みから借入までの流れ

申し込み

インターネットローン契約機(自動契約機)電話で申し込みをすることが出来ます。一番早く借入が出来る方法は、インターネットで申し込みをした後に自動契約機でカードを発行する方法です。まず、三井住友銀行の公式サイトからカードローンの申し込みページを開き、必要事項を入力して送信します。口座をすでに持っている人、口座を持っていない人で申し込みフォームが異なりますので注意しましょう。

本人確認書類の提出・審査

申し込み完了後、本人確認書類とを提出します。下記の書類が本人確認書類として認められます。また、希望借入額が50万円を超える場合は収入証明書類が必要となります。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード

収入証明書類

  • 給与明細書(3ヵ月以内のもの)
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書・納税証明書・所得証明書
  • 確定申告書


書類は、スマートフォンなどで撮影した本人確認書類を専用ページにアップロードして提出することが出来ます。書類が提出されると申し込み内容と本人確認書類を基に本審査が行われます。

審査結果の連絡・カード受け取り

本審査の結果は本人確認書類提出後、最短翌営業日に電話かメールで連絡が来ます。審査に通過すると契約手続きをしてローンカードを受け取ります。

ローンカードには「キャッシュカード兼用型」「ローン専用カード」の2つがあります。

キャッシュカード兼用型

三井住友銀行の口座をすでに持っている人、新たに口座を開設する人が選択することが出来ます。

すでに口座を持っている場合は、現在使っているキャッシュカードがそのままローンカードとしても使えるようになります。また、カードローンの申し込み時に口座開設の申し込みをしてキャッシュカード兼用型を選択した場合は自宅にカードが郵送されてきます。

ローン専用カード

口座を持っていない方と口座は持っていてローン専用カードを選択した人はこちらのカードを利用してATMから借入をします。

ローン専用カードの受け取りは、自動契約機郵送のどちらかを選択します。三井住友銀行の口座を持っていないと借入方法がATMからのみとなるため、ローンカードがないと借入が出来ません。早く借入をしたい場合はその場でカードが発行される自動契約機でのカード受け取りがおすすめです。

また、口座の開設には時間がかかるため口座は開設したいけど早く借入がしたいという人はまずローン専用カードで借入をして後日口座開設をしてキャッシュカード兼用型に変更することも出来ます。

借入方法

口座を持っていない人はATMから、口座を持っている人はATMインターネットバンキングからの借入が出来ます。

先ほどメリットでも述べた通り自宅や職場近くのコンビニATMから手数料無料で借入出来る点はとても便利です。ただし、ゆうちょ銀行ATMと提携金融機関ATMはキャッシュカード兼用型では利用できませんので注意しましょう。

また、インターネットバンキングはログインして借入手続きを行うと口座に融資金が振替されます。この借入方法は三井住友銀行の口座を持っていてインターネットバンキングの登録をしてある人のみ利用可能です。

三井住友銀行カードローンの返済方法

返済は、ATM口座振替SMBCダイレクトから振込の3種類から選択することが出来ます。

ATMからの返済
ATMからの返済は三井住友銀行のATM提携コンビニATMゆうちょ銀行ATM手数料無料で利用可能です。ただし、キャッシュカード兼用型は借入時同様ゆうちょ銀行ATMの利用が出来ません。

SMBCダイレクトからの返済
SMBCダイレクト(インターネットバンキング)からカードローン口座への振込返済が出来ます。どこからでも返済ができるためとても便利ですが、振込手数料が利用者負担となってしまうためあまりおすすめは出来ません。

口座振替
三井住友銀行の口座を持っている人は毎月の返済日に口座から自動引き落としが行われる口座振替で返済が出来ます。返済日までに口座にお金を入れておく必要がありますが、口座残高があると万が一返済日を忘れてしまっても自動で引き落としが行われるため返済忘れを防ぐことが出来ます。

返済日や返済額は?

三井住友銀行カードローンの返済日は毎月5日、15日、25日、月末の4種類から選択することが出来ます。

返済額は、返済時点の借入残高によって変動する残高スライド方式です。三井住友銀行カードローンの返済額は下記のように定められています。

借入残高
最低返済金額
~1,999円
借入残高全額
2,000円~10万円以下
2,000円
10万円超~20万円以下
4,000円
20万円超~30万円以下
6,000円
30万円超~40万円以下
8,000円
40万円超~50万円以下
10,000円
50万円超~60万円以下
11,000円
60万円超~300万円以下
10万円ごとに1万円増
300万円超~500万円以下
50万円ごとに5万円増
500万円超~800万円
100万円ごとに5万円増

ザウルスくん

借入残高が5万円だから毎月の返済額は2,000円だね!これなら返済していけそう!

ガレオ先生

もちろん2,000円を返済していくといつかは完済できますが、少しでも利息を減らすためには繰り上げ返済が重要ですよ。

返済が遅れてしまったら?

カードローン利用中に返済日をうっかり忘れてしまったり、返済日までにお金が用意できないかもしれません。そのような場合は、返済遅延や返済出来ないことが発覚した時点でまずは三井住友銀行のカードローンプラザに連絡をしましょう。受付時間は9時~21時まで(1/1を除く・土日祝含む)です。

三井住友銀行カードローンプラザ
0120-923-923

また、返済遅延の場合は遅延損害金が発生します。遅延損害金とは返済が遅れてしまった場合に支払う罰金のようなもので、返済期限の翌日から遅延解消まで日割りで発生します。

三井住友銀行カードローンの遅延損害利率は年率19.94%に設定されています。

元金×遅延損害利率×遅延日数÷365


上記の計算式で遅延損害金は計算され、返済金額や利息に上乗せして請求されます。余分なお金を支払わなくても良いように返済は遅れないように気を付けましょう。
 
 

関連する記事

三井住友銀行の口座開設は自動契約機からがおすすめ!
三菱東京UFJ銀行【バンクイック】のメリット・デメリット
銀行カードローンの保証会社ってなに?

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。