1. カードローンザウルスTOP
  2. りそな銀行カードローン
  3. ≫りそな銀行の2つのカードローン

りそな銀行の2つのカードローン

メガバンクに次ぐ大手銀行のりそな銀行には「プレミアムカードローン」と、「クイックカードローン」という2つのカードローンがあります。

金利が低く、利用限度額が高額なプレミアムカードローンと少額貸し出し専用のクイックカードローンのそれぞれの特徴を把握し、自分に合っている借入方法を選びましょう。

それぞれどんな特徴があるの?

2つに共通するメリット

  • 来店不要!WEBから簡単に手続きできる
  • りそな銀行のキャッシュカードが使える
  • 全国の提携ATMで利用可能

りそな銀行の
プレミアムカードローンとは?

プレミアムカードローンの最大の特徴は限度額が高く、低金利で借入できることです。借入限度額は10万円型~800万円型までの13種類があり、希望の金額を申請出来るようになっています。300万円型より少ない上限額のコースなら収入証明書が必要ありません。

プレミアムカードローンの利用条件

1.契約時の年齢が満20歳以上満60歳未満の方
2.継続的な安定した収入のある方
3.保証会社の保証が受けられる方

専業主婦や学生の申し込みは出来ませんが、パート・アルバイトでも継続的に安定した収入がある場合申し込みが出来ます。

貸出限度額は800万円で、メガバンクと同等です。金利は3.5~12.475%とメガバンクより最高金利が2%以上低くなっています。

限度額
金利
800万円型
3.5%
700万円型
4.0%
600万円型
4.5%
500万円型
4.9%
400万円型
5.5%
300万円型
7.0%
200万円型
9.0%
100万円型
150万円型
11.5%
70万円型~10万円型
12.475%

(2017年11月現在)
また、りそな銀行の住宅ローン「マイゲート」を契約中の場合に、金利が0.5%優遇されます。

りそな銀行の
クイックカードローンとは?

クイックカードローンの最大の特長は審査時間が最短2時間であることです。最短即日やそれ以上かかる銀行カードローンが多い中では非常に珍しい商品となっています。

クイックカードローンの利用条件

1.契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
2.継続的な安定した収入のある方
3.保証会社の保証が受けられる方

クイックカードローンもプレミアムカードローン同様、専業主婦や学生の申し込みは出来ませんが、パート・アルバイトでも継続的に安定した収入がある場合申し込みが出来ます。

利用限度額は10万円型~200万円型までの7種類あり、希望の金額を申請出来るようになっています。100万円型より少ない上限額のコースなら収入証明書が必要ありません。金利は下記の通りで、少額でも比較的低金利で借入することが出来ます。

限度額
金利
200万円型
9.0%
150万円型
100万円型
11.50%
70万円型~10万円型
12.475%

(2017年11月現在)
クイックローンの場合、申込時点で給与振込口座がりそな銀行の場合、金利が0.5%優遇されます。新規で口座開設する場合は適用外となります。

デメリットはある?


共通するデメリットとしては、りそな銀行の口座開設が必要な点です。申し込み時点では、必要ありませんが契約までには口座開設が必須となります。

どちらの商品も最短即日(クイックローンなら最短2時間)で審査結果は出ますが、口座を持っていないと契約が完了しないため借入ができません。口座開設は店頭へ行けば当日でも可能ですがネットや郵送でやり取りを行うと時間がかかってしまいます。

口座開設からキャッシュカードが手元に届くまで一週間程度かかるため、急ぎでお金を借りたい人には向いていません。

プレミアムカードローン
上限金額が高いので、どうしても審査基準が高くなってしまいます。プレミアムカードローンの年収による申込制限はないと先述しましたが、以前は年収が400万円以上ないと利用できませんでした。
そのため、現在も年収400万円が審査の基準となっていることは十分にあり得ます。

利用限度額200万円以内希望であればクイックカードローンに申し込みした方が審査通過率は高いでしょう。

クイックカードローン
100万円を超える契約の際収入証明書が必要となります。借りる側の書類を準備する手間と、銀行側の確認作業が増えるため、借入までにさらに時間がかかってしまう場合があります。(プレミアムカードローンの場合300万円型以上で必要)

りそな銀行カードローンの申込方法

申し込み

「WEB」「電話」「FAX」「郵送」の4種類があります。WEBでの申し込みは来店不要で24時間365日申し込みが可能です。りそな銀行のカードローンは2種類ともネット完結という申込方法を利用することが出来ます。 
 

ネット完結とは?

ガレオ先生ポイントイラストネット完結とは、申込~契約までWEBだけでできてしまう申込方法です。以前までのりそな銀行カードローンは申込後の審査結果はすぐに出るのに、契約手続きが郵送での処理となるため、申込~借入できるまでに10日以上掛かることがありました。しかし今はWEB完結を利用することで契約書等の郵送や店頭まで行く必要もなくなり、土日でも手続きすることが可能となります。(※来店が必要な場合もあります。)

りそな銀行の口座を持っていなくても申し込みは出来ますが、契約までに開設が必須となります。

審査

審査はプレミアムカードローンの場合最短即日、クイックカードローンの場合は最短2時間で結果が出ます。

審査結果は、申込時に入力したメールアドレスか電話番号に連絡が来ます。なかなか連絡がつかなかった場合郵送になることもありますが、郵送になると融資までにさらに時間がかかってしまうので連絡がつくようにしておきましょう。

契約手続き

審査が通過したら、本契約となります。契約方法は、「WEB」「郵送」「来店」の3種類です。WEBでの契約は来店の必要がないので休日でも手続き可能です。

契約手続きに必要な書類

●本人確認書類
(運転免許証、健康保険証など)
●収入証明書
(住民税決定通知書、源泉徴収票など)

収入証明書は、プレミアムカードローンは300万円型以上、クイックカードローンは100万円型以上の契約をする場合に提出します。窓口の場合は原本、郵送の場合はコピー、WEBの場合は写真をアップロードして提出します。

利用開始

契約が完了すると、利用開始のメールが届きます。口座を新規開設した場合は、キャッシュカードが手元に届いてから利用出来るようになります。

郵送での手続きは、契約書が銀行に届くまで時間がかかるため、契約手続き後1週間から10日で利用開始の案内が郵送されます。

借入方法と便利な機能


りそなカードローンの借入方法はATMの利用だけとなり振込等の他の方法はありません。下記のATMで借入が出来ます。

●りそな銀行ATM
(りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行)

●ゆうちょ銀行

●BANCS
(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)

●MICS(地方銀行、信用金庫、信用組合など)

●バンクタイム
(サークルK・サンクス、ファミリーマート)

●セブン銀行

●ローソンATM

●VIEW ALTTE(ビューアルッテ)

●E-net

またりそな銀行のカードローンには自動融資機能という便利な機能もついています。

自動融資機能(オートチャージ)とは?

公共料金等を口座引き落としで支払いをしている人の中には、残高が足りず支払いが出来なかったという経験がある人もいるのではないでしょうか。

自動融資機能は、そのように残高が足りなくなった場合に限度額内で自動的に借入をすることが出来る機能です。現金をATMから引き出す際に預金が足りなかった場合もこの機能で自動融資を受けることが出来ます。

しかし、自動融資機能は気づかないうちに借入されている状態になるので便利なサービスですがあまり頼りすぎないようにしましょう。また、自動融資機能を任意で無くすことは出来ないため、利用したくない場合はメインで使う口座とは分けておきましょう。

返済はどのようにするの?

返済方法は基本的に口座振替で、毎月5日に自動引き落としされます。返済には約定返済随時返済の2種類があります。

約定返済
毎月決められた期日(約定返済日)決められた金額(約定返済額)を返済していく方法です。りそな銀行は毎月5日が約定返済日となっており、約定返済額は、借り入れた金額に応じて、最低金額が定められています。

借入残高(毎月5日の3営業日前時点)
返済額
1万円超~50万円以下
1万円
50万円超~100万円以下
2万円
100万円超~200万円以下
3万円
200万円超~300万円以下
4万円
300万円~400万円以下
5万円
400万円超~500万円以下
6万円
500万円超~600万円以下
7万円
600万円超~700万円以下
8万円
700万円~800万円以下
9万円

随時返済
毎月の約定返済額とは別に自分の好きなタイミングで返済する方法です。随時返済で支払いをした金額は全て元金の返済に充てられます。

随時返済の注意点は、毎月約定返済は必ずあるということです。無理に随時返済をして約定返済が出来なくなると、返済遅延となります。

お金に余裕のある月に随時返済を上手く利用すると、早期完済に繋げることが出来ます。随時返済は、ATMやマイゲート(ネットバンキング)から出来ます。

ちなみにりそな銀行カードローン返済の為に自動融資はされませんので注意が必要です。

りそな銀行の金利は変わる?!

カードローンの金利には「固定金利制」と「変動金利制」の2種類があり、りそな銀行のカードローンの金利は、変動金利制です。

変動金利制とは、状況によって金利が契約時と変わることがある金利タイプで、銀行のカードローンに広く採用されています。

りそな銀行では、毎年4月と10月のローン基準金利を基準に7月と1月の年2回金利の見直しが行われます。年2回必ず金利が変動するということではなく、見直しの結果変わらないこともあります。

最終的な返済の総額がわからないという点ではデメリットですが、金利が低くくなることもあるのでデメリットばかりではありません。

返済が遅れてしまったらどうなるの?


約定返済日に返済が出来なかった場合、翌日から返済遅延で規約違反とみなされ遅延損害金が発生します。遅延損害金とは日割りで計算される罰金のようなものです。

約定返済日から遅延解消されるまでの日数分の遅延損害金を通常の返済額に上乗せして支払うことになります。

りそな銀行の延滞利率は14.0%です。遅延損害金は、

遅延損害金=借入額(元金)×延滞利率×延滞日数÷365

という計算方法で算出されます。

返済遅延を放置してしまうと個人信用情報に金融事故情報として数年間残ってしまうため、返済は期限までに確実に行いましょう。

りそな銀行カードローンの契約更新・解約

りそな銀行のカードローンは解約の手続きを行わない限り、1年ごとに自動更新されます。たとえ借入金額を全額返済したとしてもカードローンの契約はされたままになっているということです。

自動解約はされないので、窓口で解約手続きをするか、解約届を請求し必要事項を記入後郵送する必要かあります。

カードローンを解約した場合、次に借りる時に再度審査を受けなくてはならないというデメリットがありますが、カードローンをずっと契約しておいていいことはあまりないので使っていない場合は解約することをおすすめします。
 
 

関連する記事

りそな銀行カードローンの審査に通るには?
カードローン審査に通らない人とはどんな人?

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。