1. カードローンザウルスTOP
  2. カードローン基礎知識
  3. ≫銀行の「カードローン」と「フリーローン」ってなにが違うの?

銀行の「カードローン」と「フリーローン」ってなにが違うの?

「カードローン」「フリーローン」は、どちらも利用目的が設定されていない銀行が扱っている個人向けのローンサービスです。

この2つには金利や限度額、借入回数など様々な違いがありますが、どちらを利用するほうが便利なのでしょうか。

それぞれの特徴

カードローン

カードローンとは、銀行や消費者金融、信販会社が提供している個人向けのローン商品です。借入金の利用目的は定められていないので自分の好きなように利用することが出来ます。

名前の通り契約後にはローンカードが発行され、このローンカードを利用して借入や返済をします。

フリーローン

フリーローンは、銀行が提供している個人向けのローン商品です。フリーローンという名前の通り借入金は自由に利用することが出来ます。

ただし、金融機関によっては申し込み時や借入後に資金使途を証明する書類の提出を求められる場合があります。

カードローンとフリーローンの違い

ザウルスくん

どちらも使用目的が決められていないから借入金を自由に使えるローンっていうのは分かったけど、カードが発行されるかされないか以外に違いってあるの?

ガレオ先生

まだまだ違いはあります。どちらにもメリット、デメリットがあるのでしっかりと理解したうえで自分に合っている方を選択しましょう。

借入の回数

カードローンは申し込み後の審査で、借入限度額が設定されます。この借入限度額内は、審査なしで何度でも借り入れをすることが出来ます。

一方のフリーローンは、カードローンと同じように審査が行われて融資額が決定しますが、その融資額を1回で借り入れします。

カードローンは、限度額内で自由に追加融資を受けることが出来ますが、フリーローンで追加借入をしたい場合は新たに申し込みが必要です。

金利

金融機関によっても異なりますが、カードローンとフリーローンを比べるとフリーローンの方が金利が低く設定されています。

とにかく金利の負担を少なくしたいという方はフリーローンの方がおすすめです。

手数料

フリーローンは借入の際に事務手数料が発生する可能性があります。カードローンの場合は、このような事務手数料がかかることはありません。

また、フリーローンは繰り上げ返済や一括返済の時にも手数料がかかります。カードローンは手数料なしで繰り上げ返済や一括返済を行うことが出来ます。

審査

カードローンとフリーローンを比べると、審査時間はフリーローンの方が長いと言われています。

カードローンは、審査時間も早く借入までの時間が短いことがメリットの1つですが、フリーローンは低金利でまとまったお金を貸付している分審査に時間がかかります。

また、審査をする際にどちらも本人確認書類収入証明書が必要となります。(カードローンの場合、借入金額によっては収入証明書不要。)

これに加えてフリーローンは借入金の使い道を証明する書類の提出が求められることが多いです。例えば、借入金を利用して購入する商品の金額がわかるカタログや見積書や請求書などです。

金融機関によっては借入後に領収書等の支払いが確認できる書類の提出を求められる場合もあります。

こんな人におすすめ!

カードローンとフリーローンはそれぞれにメリット、デメリットがあるため自分の利用目的に合わせてどちらで借入をするかを選択するようにしましょう。

カードローン

カードローンはフリーローンに比べて審査時間が早いため、申し込みから借入までの時間が早い点がメリットです。

また、カードローンは設定された限度額内は何度でも追加融資を受けることが出来ます。

そのため、生活費などをこまめに借入をしたいという人やお金が必要になった時にすぐ借入が出来るようにローンカードを持っておきたいという人にはカードローンがおすすめです。

金利はフリーローンよりも高く設定されていますが、利便性はカードローンの方が圧倒的に高いです。

フリーローン

利用目的が明確で、とにかく低い金利で借入をしたいという人にはフリーローンがおすすめです。

フリーローンはカードローンとは異なり、利用目的を証明する書類の提出が必要となります。

そのため、利用目的は明確に決まっているけれど、目的別ローンの中に当てはまる項目がないという人はフリーローンを選択すると良いでしょう。

カードローンに比べて金利が低いため、同じ金額を借入したとしても利息負担が多少軽くなります。

そして追加の借入は再度審査を受けなくてはならないため、1回借入をしたらあとは返済していくしかありません。ポイント男性イラスト図

返済のみに集中できるので、借りすぎてしまう心配がないのもフリーローンのメリットの1つです。

メガバンクのカードローンとフリーローン

  • 三井住友銀行
  • カードローン
     
    フリーローン
    満20歳以上満69歳以下の方
    申し込み可能年齢
    満20歳以上満65歳以下の方
    原則安定した収入のある方
    年収
    前年度税込み年収200万円以上
    現在安定した収入のある方
    ~800万円
    (10万円単位)
    借入金額
    10万円以上300万円以内
    (1万円単位)
    年4.0%~14.5%
    金利
    【変動金利型】年5.975%(無担保型)
    5年毎
    (当初契約日より5年後に自動更新)
    借入期間
    1年以上10年以内(1ヵ月単位)
    不要(SMBCコンシューマーファイナンスが保証)
    担保・保証人
    不要(SMBCコンシューマーファイナンスが保証)
  • 三菱東京UFJ銀行
  • バンクイック
     
    多目的ローン
    満20歳以上満65歳未満の方
    申し込み可能年齢
    満20歳以上
    完済時満70歳の誕生日までの方
    原則安定した収入のある方
    年収
    前年度税込み年収200万円以上
    現在安定した収入のある方
    10万円以上500万円以内
    (10万円単位)
    借入金額
    50万円以上300万円以内(1万円単位)
    年1.8%~14.6%
    金利
    【変動金利型】年5.475%
    1年
    (原則として、審査のうえ自動更新)
    借入期間
    6ヵ月以上10年以内(1ヵ月単位)
    不要(アコム株式会社が保証)
    担保・保証人
    不要(株式会社ジャックスが保証)
  • みずほ銀行
  • カードローン
     
    多目的ローン
    満20歳以上満66歳未満の方
    申し込み可能年齢
    満20歳以上、満66歳未満
    最終返済時年齢が満71歳未満の方
    安定かつ継続した収入の見込める方
    年収
    前年度税込み年収200万円以上
    安定かつ継続した収入の見込める方
    10万円以上800万円以内
    借入金額
    10万円以上300万円以内(1万円単位)
    年2.0%~14.0%
    金利
    【変動金利方式】年5.875%
    【固定金利方式】年6.650%
    から選択可能
    1年(1年ごとに審査のうえ自動更新)
    借入期間
    6ヵ月以上7年以内(1ヵ月単位)
    不要(株式会社オリエントコーポレーションが保証)
    担保・保証人
    不要(株式会社オリエントコーポレーションが保証)

 
 

関連する記事

銀行カードローンと消費者金融の違い【メリットと特徴】
三井住友銀行カードローンのメリット
三菱東京UFJ銀行【バンクイック】のメリット・デメリット
みずほ銀行カードローンのメリット・デメリット

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。